出版物バックナンバー

災害科学国際研究所トップページ > 出版物バックナンバー

広報誌/PR Magazine・News Letter

IRIDeS NEWs     

IRIDeS NEWs 2017 日本語版 (4.36MB) 
 <特集>2016年熊本地震/2016年福島県沖地震・津波 <学術研究>災害記憶の伝承/脳科学と防災の融合
 <実践>「世界津波の日」を記念して <IRIDeS Diary>APRU サマースクール
 <活動紹介>拡張GIS/津波避難計画/歴史資料保存活動 <写真特集>被災地を訪ねて
IRIDeS NEWs 2017 English (5.32MB)
 <Features>2016 Kumamoto Earthquake / 2016 Fukushima Earthquake and Tsunami
 <Academic Research>Handing Down Disaster Memories / Collaboration of Brain Science and Disaster Risk Reduction
 <Feature Photographs>Affected Tohoku Areas today

IRIDeS Quarterly(日本語)   

IRIDeS Quarterly(English)   

IRIDeS Report           

IRIDeS Report Vol.4 日本語版
 『未来へ飛躍する新しいIRIDeS』
 IRIDeSの新たな展開 成果をより具体的に発信(今村文彦)、東京海上日動とIRIDeS、復興庁 宮城復興局とIRIDeS、復興計画や避難計画に役立つ研究(奥村誠)、津波被害のスパンを解明(後藤和久)、気仙沼市危機管理課とのパートナーシップ、みちのく・いまをつたえ隊 活動報告
IRIDeS Report Vol.4 English
 『A new IRIDeS to make leaps forward』
 Promoting the new developments of IRIDeS by properly sending out information and conducting analysis for more concrete results (Imamura), Tokyo Marine & Nichido Fire Insurance x IRIDeS, Miyagi Bureau of Reconstruction x IRIDeS, Studying human movement is essential for resilience (Okumura), Geological surveys and tsunami boulders to identify the recurrence interval of tsunami hazard (Goto), Partnership with Kesennuma city of Miyagi prefecture, Report on "Michinoku/Ima wo tsutaetai" Activities
 
IRIDeS Report Vol.3 日本語版
 『被災地とともに歩んだ3年間の道のり』
 研究所棟完成 ~実践的防災学のさらなる飛躍を~(今村文彦)、IRIDeSのあゆみ、東日本大震災からの復興へ、第3回 国連防災世界会議開催、浸水域の予測により、より実践的な警報を(越村俊一)、東日本大震災で得た知見をフィリピンの復興に活かす(呉修一)
IRIDeS Report Vol.3 English
 『A three year journey traveled together with disaster affected areas』
 Further progress in practical disaster reduction studies based at our new building (Imamura), Progress at IRIDeS, Implementing a specific vision based on regional issues, Making IRIDeS and Sendai a world center of disaster risk reduction, We have achieved the 10-10-10 (Koshimura), Using the knowledge gained from the Great East Japan Earthquake for reconstruction in the Philippines (Kure)
 
IRIDeS Report Vol.2 日本語版
 『TOHOKUの知見が、世界を救う』
 対談(平川新,今村文彦)、慶長奥州地震津波プロジェクト(今井健太郎,蝦名裕一,菅原大助)、災害と「生きる力」プロジェクト(邑本俊亮,杉浦元亮)、東日本大震災は何が“異常”だったのか?(遠田晋次)、国連防災世界会議の中での役割は?(小野裕一,村尾修)
IRIDeS Report Vol.2 English
 『Knowledge from Tohoku will save the world』
 Dialogue (Hirakawa and Imamura), "Keicho Period Oshu Earthquake Tsunami" Project (Imai, Ebina and Sugawara), Project "Power to Live" with Disasters (Muramoto and Sugiura), Figuring out the mechanism behind earthquakes and conveying it to people is the role of geophysicists (Toda), United Nations World Conference on Disaster Risk Reduction and IRIDeS (Ono and Murao)
 
IRIDeS Report Vol.1 日本語版
 『災害に対して我々に出来ることは何か?』
 社会や暮らしの中で役立つ「実践的防災学」を築くために(平川新)、東日本大震災で津波はどう発生したのか?(今村文彦)、被災地で復興計画はどう進んでいるのか?(小野田泰明)、災害ストレスをどう緩和していくのか?(富田博秋)
 

災害科学国際研究所 活動報告書

災害科学国際研究所における平成27年度(2016年度)の研究・教育・社会活動等の成果をまとめた報告書

災害科学国際研究所における平成27年度(2015年度)の研究・教育・社会活動等の成果をまとめた報告書

災害科学国際研究所における平成26年度(2014年度)の研究・教育・社会活動等の成果をまとめた報告書

災害科学国際研究所における平成25年度(2013年度)の研究・教育・社会活動等の成果をまとめた報告書

災害科学国際研究所における平成24年度(2012年度)の研究・教育・社会活動等の成果をまとめた報告書

東北大学災害科学国際研究所の前身である,旧「東北大学防災科学研究拠点」における平成23年度(2011年度)の調査・研究活動等の成果をまとめた報告書