防災科学研究拠点メンバーからのメッセージ

災害科学国際研究所トップページ> 東北地方太平洋沖地震に関する情報 > 防災科学研究拠点メンバーからのメッセージ

東北大学では、地域社会の防災・減災に関する実践的防災学の研究を推進することを目的として、学内の文系・理系の様々な分野の研究者からなる「防災科学研究拠点」を形成していました(文部科学省事業「地域の人間と社会を災害から守るための実践的防災学の推進」)。本拠点は2012年4月に解散し、同時に本拠点に所属していた教員を交えて「災害科学国際研究所」が設立されました。防災科学研究拠点は、東日本大震災発生後、勢力的に震災に関する多角的な調査・研究・実践を展開しています。このページでは、本拠点メンバーに対してインタビューを行い、東日本大震災を受けて現在行っている研究や、今後の活動、思い等について紹介しています。

なお、今回のインタビューは、JICA(国際協力機構)と東北大学による情報発信プロジェクトの一環として行われたもので、同機構による全面的な協力・支援を受けています。(※JICAによる支援・連携の詳細についてはこちら

以下のタイトルをクリックしてインタビューの内容をご覧ください(旧災害制御研究センターのページに移動します)。
※東日本大震災以前に行われたインタビューはこちら

2011/09/16更新

「古文書の災害記録を掘り起こすことで将来の災害に備える」
災害科学国際研究所 人間・社会対応研究部門 教授 平川 新
「安心して住める地域作りのために津波工学の発展を」
災害科学国際研究所 災害リスク研究部門 教授 今村 文彦
「被災者を苦しめる二次被害を防ぐために」
文学研究科 教授 阿部 恒之
(防災科学研究拠点 研究協力者)
「放射線による被害の最小化にむけて」
災害科学国際研究所 地域・都市再生研究部門 教授 石井 慶造
「岩石が語る過去の地震を探して」
災害科学国際研究所 災害リスク研究部門 教授 石渡 明
「防災を下支えする研究のために新たな取り組みを」
災害科学国際研究所 災害理学研究部門 教授 海野 徳仁
「復興を牽引するコーディーネーターとして」
災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 教授 小野田 泰明
「重層的なフェイルセーフの効いた社会を構築するために」
工学研究科 教授 京谷 孝史
(防災科学研究拠点 研究協力者)
「レーダー技術を防災の様々な局面に」
災害科学国際研究所 災害リスク研究部門 教授 佐藤 源之
「レスキューロボットから災害対応ロボットへ」
災害科学国際研究所 地域・都市再生研究部門 教授 田所 諭
「壊滅的被害を引き起こさない海岸施設の建設に向けて」
災害科学国際研究所 災害リスク研究部門 教授 真野 明
「今こそ次に伝える防災教育を」
災害科学国際研究所 人間・社会対応研究部門 教授 邑本 俊亮
「災害に強い街作りを計画制度面から支える」
災害科学国際研究所 地域・都市再生研究部門 准教授 姥浦 道生
「脳科学で災害科学に新しい切り口を」
災害科学国際研究所 人間・社会対応研究部門 准教授 杉浦 元亮
「まちづくりの実践家として復興の力に」
災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 准教授 平野 勝也
「災害科学と社会をつなぐ役割を」
脳科学グローバルCOE 特任准教授 長神 風二
(防災科学研究拠点 研究協力者)
「情報・報道を通して災害と社会を観る」
災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 助教 佐藤 翔輔

JICA(国際協力機構)との連携

本インタビュー事業は,「2011東日本大震災の災害概要と情報の発信」をJICAプロジェクト地震・ 津波に対する効果的アプローチの検討の一環として行っています.

「2011東日本大震災の災害概要と情報の発信」の内容は次のとおりです:

  • 災害の概要
  • 附属災害制御研究センターおよび防災科学研究拠点メンバーへインタビューと英文化(地震,津波,医療,情報,復興・まちづくり)
  • GISを用いた情報の集約
  • トレンドリーダーの活用