東日本大震災8周年シンポジウム

災害科学国際研究所トップページ > 東日本大震災8周年シンポジウム

 

東日本大震災の発生から8年を迎えるにあたり、東北大学災害科学国際研究所ではシンポジウムを開催したします。

今回のシンポジウムは、今年度の国内外で発生した災害について、緊急調査ワーキンググループによる報告を行います。また、東日本大震災とインド洋大津波を振り返って、東北とアチェの復興についてメディアとともに考えます。 皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げております。

同日、同会場で、『仙台防災未来フォーラム2019』も開催されます。そちらにも、当研究所の活動などを紹介する展示ブースを設置する予定ですので、どうぞお立ち寄りください。

日 時
2019年3月10日(日) 10:00~14:30 (受付 9:30~)  チラシはこちらから→PDF
場 所
仙台国際センター 展示棟・展示室3(仙台市青葉区・仙台市地下鉄東西線「国際センター駅」)
主 催 東北大学災害科学国際研究所
参加費 無料 ※要事前申込
参加申込締切 2018年3月1日(金)  (定員 180人)
参加申込方法 メール・電話・FAX・葉書・申込フォームにて
①氏名(ふりがな) ②所属 ③連絡先(メールアドレス)④電話番号 を明記の上、お申し込みください。
 ※定員になり次第、申込受付を終了します。
  申込受付番号は発行しません。定員に達した場合のみご連絡致します。
お問い合わせ先
参加申込先
E-mail: sympo2019[*]irides.tohoku.ac.jp 
  ※[*]を@(アットマーク)に置き換えて送信してください。
Tel:   022-752-2049 (月-金 9:30~16:30)
Fax:  022-752-2013  (シンポジウム参加申込であることを明記してください。)
葉書: 〒980-8572  東北大学災害科学国際研究所 広報室 
更新日:2019年1月28日 
 
プログラム
開会挨拶 (10:00~)
  今村 文彦 (東北大学 災害科学国際研究所・所長)
 
第1部:緊急調査報告 (10:05~12:00)   司会:遠田 晋次 教授
 「今年度の国内外の災害を振り返って-災害研緊急調査ワーキンググループによる報告-」 
 10:05~11:50      (各報告 発表:20分)
  1)大阪府北部地震:蝦名 裕一 (人間・社会対応研究部門 災害文化研究分野・准教授)
  2)2018年の風水害:越村 俊一 (災害リスク研究部門 広域被害把握研究分野・教授)
               橋本 雅和 (災害リスク研究部門 環境変動リスク研究分野・助教)
  3)北海道胆振東部地震:五十子 幸樹 (災害リスク研究部門 最適減災技術研究分野・教授)
  4)インドネシア・パル地震:今村 文彦 (災害リスク研究部門 津波工学研究分野・教授)(予定)
 11:50~12:00
  質疑応答
 
<休憩> (12:00~13:00)
 
第2部:東北・アチェの復興を考える (13:00~14:25)  司会:五十子 幸樹 教授
 「東日本大震災から8年、インド洋大津波から14年-被災地・アチェの復興から東北の現在を考える-」
   <学術-メディア連携企画>
  1)趣旨説明:中鉢 奈津子 (広報室・特任助教)
  2)特別ゲスト:笠原 豊 氏(東北放送 報道部・ディレクター)
 
閉会挨拶 (14:25~14:30)
  伊藤 潔 (東北大学 災害科学国際研究所・副所長)