「生きる力」市民運動化プロジェクト シンポジウムin関西

災害科学国際研究所トップページ > イベント/セミナー > イベント > 「生きる力」市民運動化プロジェクト シンポジウムin関西

「生きる力」市民運動化プロジェクト シンポジウムin関西
-東北大学災害科学国際研究所 社会連携オフィス特定プロジェクト-


東北大学災害科学国際研究所と関西大学社会安全学部では、このたび、東日本大震災の教訓を踏まえ今後の“防災教育の在り方”を議論する場として、「『生きる力』市民運動化プロジェクト シンポジウムin関西」を共同開催いたします。

日本は世界でも有数の「自然災害大国」であり、災害は避けることができません。そのために必要な態度は、自然災害の脅威を科学的知識として理解し、事前に備え、そしていざという時に、生きぬくための正しい判断と行動ができる知力・気力・体力・コミュニケーション能力を高めることです。この能力こそが、“災害と共存して「生きる力」”です。この「生きる力」を一人ひとり育むことが、自然災害から命を守り、生活を守り、社会を守ることにつながると考え、IRIDeSでは「『生きる力』市民運動化プロジェクト」を2012年にスタートさせ、膨大な研究資料・データや、その研究に基づいた防災・減災技術など、産官学の知恵とノウハウを結集して、これまで以上に実践的な防災・減災,復興を目指した市民運動を展開してきました。

そして今回、東日本大震災の教訓を踏まえ、今後発生が想定される南海トラフ地震などの災害時に対応できる力を高めるための“防災教育の在り方”を広く議論する場として、「『生きる力』市民運動化プロジェクト シンポジウムin関西」を開催する運びとなりました。

日時 2013年12月6日(金) 13:030~15:45
場所 関西大学高槻ミューズキャンパス ミューズホール
アクセス
主催 東北大学災害科学国際研究所
共催 関西大学
定員 先着300名
参加費 無料 ※要事申込
参加のお申込み メールによるお申し込み
 ikiru2013*irides.tohoku.ac.jp 宛てに(*を@に置き換えて)
 団体名(会社名) ②氏名 ③所属・役職 ④連絡先 をご記入の上、お申し込みください。            ※申し込み〆切り 2013年11月29日(金)
お問い合わせ先 『生きる力』市民運動化プロジェクト シンポジウムin 関西 広報事務局
担当:東北大学災害科学国際研究所 助教 佐藤翔輔
  TEL:022-795-7515

 

プログラム

司会:東北大学災害科学国際研究所 佐藤翔輔助教

  • 基調講演1 「小・中学校における防災教育の主流化と必要な視点」 関西大学社会安全学部 教授 河田惠昭
  • 基調講演2 「自律型防災教育を実現するための教材の提供~専門家に頼りすぎない防災教育を目指して~」 関西大学社会安全学部 教授 高橋智幸
  • 基調講演3 「『分かり合う』ための防災教育~防災教育から防災共育へ~」 関西大学社会安全学部 助教 城下英行
  • 主催者報告 「生きる力を育む防災教育~東日本大震災を踏まえて、南海トラフ地震へ備えるために~」 東北大学災害科学国際研究所 教授 今村文彦
  • パネルディスカッション
    「『生きる力』が日本を強くする」 ※コーディネータ:今村文彦,パネラー:講演者4名