第51回IRIDeS金曜フォーラム

災害科学国際研究所トップページ > イベント/セミナー > 第51回IRIDeS金曜フォーラム

第51回IRIDeS金曜フォーラム

東北大学災害科学国際研究所所長

今村 文彦

 

概要

下記のとおり第51回IRIDeS金曜フォーラムを開催いたしますので、お知らせいたします。

日時:2018年1月26日(金) 16:30~18:30

会場:東北大学災害科学国際研究所棟1F 多目的ホール (※アクセス

テーマ:災害が起きたときに,現場で求められているものは何か

東北大学災害科学国際研究所では、「実践的防災学」の創成をミッションにしています。今回のフォーラムでは、当研究所の研究者たちが、これまでの現場での研究や実践を通してきて見えてきた知見を紹介し、議論します。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

 

発表内容   【発表概要】

  1. 16:30~16:55(発表25分) 
      タイトル:GB-SARによる地滑りモニタリング技術-荒砥沢、南阿蘇での実践から-
      発表者:佐藤 源之(災害リスク研究部門 広域被害把握研究分野 教授 ※東北アジア研究センター)
 
  1.   2. 16:55〜17:20 (発表25分)
      タイトル:豪雨災害から命を守るために必要な考え方
      発表者:森口 周二(地域・都市再生研究部門 地域安全工学研究分野 准教授)
 
  1.   3. 17:20〜17:45 (発表25分)
      タイトル:公衆衛生学と人工知能解析技術を用いた災害対応
      発表者:栗山 進一(災害医学研究部門 災害公衆衛生学分野 教授)
 
  1.   4. 17:45〜18:10 (発表25分)
      タイトル:より効果的な復興のために ~必要な備えと実行体制~
      発表者:平野 勝也(情報・社会連携部門 災害復興実践学分野 准教授)
 
  1.   5. 18:10〜18:30  質疑/総合討論 (30分)
 
  司会・進行:マス エリック(災害リスク研究部門 広域被害把握研究分野 准教授)
       佐藤 翔輔(情報管理・社会連携部門 災害アーカイブ研究分野 准教授)
 
本フォーラムに関するお問い合わせ
forum [at] irides.tohoku.ac.jp

イベント/セミナー