Seminar on Disaster Research in the UK and Collaboration with Japan(英国の災害研究の動向と日英協力)

災害科学国際研究所トップページ > イベント/セミナー > イベント > Seminar on Disaster Research in the UK and Collaboration with Japan(英国の災害研究の動向と日英協力)

英国の災害研究の動向と日英協力
Seminar on Disaster Research in the UK and Collaboration with Japan

2012年10月5日、駐日英国大使館において日英防災セミナーが開催され、英国側6件の講演の他、本学から災害科学国際研究所 副所長の今村文彦教授が講演しました。

またこれに先立ち、4、5日の両日、同研究所の源栄正人教授のコーディネートにより日英防災研究ワークショップが開催され、本学からは4名の研究者が講演を行い、防災分野における今後の日英協力について活発な議論がなされました

各発表で使用された講演スライド(PDF)を順次公開しています。以下の [資料]からダウンロードできます。一部容量の大きい資料がありますのでご注意ください。各講演の講演の様子を動画で順次公開しています。(2012/11/04更新)

    1. 開会挨拶 駐日英国大使 サー・ディビッド・ウォレン
      Opening remarks by Sir David Warren, Ambassador
    2. 来賓挨拶 内閣府総合科学技術会議 議員 相澤益男氏
      「災害予測とレジリエンスの革新」
      “Improving Disaster Anticipation and Resilience”
      Keynote Speech by Dr Masuo Aizawa, Executive Member, Council for Science & Technology Policy, Cabinet Office, Government of Japan
    3. マンチェスター大学 科学倫理・イノベーション研究所会長 / 英国王立協会フェロー サー・ジョン・サルストン
      「人類と地球の回復力」
      “Resilience of People and the Planet”
      by Sir John Sulston, Chairman of the Institute for Science Ethics and Innovation, The University of Manchester and Fellow of the Royal Society[資料]
    4. ロンドン大学 リスク・災害研究所 所長 ピーター・サモンズ教授
      「英国の災害研究の概要」
      “Overview of UK Research in Disaster Science”
      by Professor Peter Sammonds, Director, UCL Institute for Risk and Disaster Reduction[資料]
    5. 東北大学 災害科学国際研究所 副所長 今村文彦教授
      「東日本大震災の被害と東北大学災害科学国際研究所の役割」
      “Damage due to the Tsunami of 2011 Tohoku Earthquake and Roles of IRIDeS, Tohoku University”
      by Professor Fumihiko Imamura, Deputy Director, International Research Institute of Disaster Science (IRIDeS)[資料]
    6. ケンブリッジ・アーキテクチュアル・リサーチ社 ディレクター アントニオス・ポモニス氏
      「地震の規模9東日本大震災直後の地震工学現地視察団: そこでの発見と教訓」
      “The EEFIT Mission to Japan after the Mw9.0 Tohoku Earthquake: Key Findings and Lessons Learned”
      by Mr Antonios Pomonis, Director, Cambridge Architectural Research Ltd.[資料]
    7. デ・モンフォート大学 精神衛生学専門 上級講師 バーバラ・モンクスティール博士
      「立ち直りのための回復力の重要性」
      “The Significance of Resilience in Recovery”
      by Dr Barbara Monk-Steel, Senior Lecturer in Mental Health, De-Montfort University[資料]
    8. 金融サービス知識移転ネットワーク 代表 / オアシス・ロス・モデリング・フレームワーク CEO ディッキー・ウィテイカー氏
      「自然災害の減災 - 研究、金融、政府の連携の必要性」
      “Mitigation of Natural Disasters–The Need for Integration of Research, Finance and Government”
      by Mr Dickie Whitaker, Managing Director, Financial Services Knowledge Transfer Network / CEO, Oasis Loss Modeling Framework[資料]
    9. 英国政府首席科学顧問 サー・ジョン・ベディントン
      「災害予測と対応:21世紀初頭に担うべき課題」
      “Disaster Anticipation and Response: the Contributing Challenges of the Early 21st Century”
      by Sir John Beddington, Chief Scientific Adviser to HM Government[資料]