IRIDeS NEWs | 東北大学 災害科学国際研究所 IRIDeS

2017.5.8

ラジオパーソナリティ・板橋恵子さんと研究者との意見交換

IRIDeSは災害・防災に関する学術研究所です。その研究内容が人々の安全に直結するため、IRIDeSは社会発信を重視し、広報室も設けています。今村文彦所長をはじめ、IRIDeS研究者は、メディアからの取材依頼にも、極力、円滑に対応するようにしてきました。

 

しかし、多くの研究者は社会発信の専門家ではなく、取材にあたり、メディアのスピード感への戸惑い(「大至急、今日中にコメントを!」ということもよくあります)や、意図しなかった内容で報道されてしまったという声が、広報室に寄せられることもありました。

 

そこでIRIDeSで、研究者がメディア関係者と話し合い、相互理解を深めて妥協点を探るための少人数意見交換会を実施してみることにしました。毎回、さまざまなメディアからゲストを招いてお話を伺い、研究者として疑問があったらぶつけます。

 

今回は、ラジオパーソナリティの板橋恵子さんをお招きしました。研究者側は、IRIDeSの森口周二准教授(土砂災害)、佐藤大介准教授(歴史)が参加しました。

 

* * *

 

 

板橋恵子さん

板橋恵子(いたばし けいこ)さん ラジオパーソナリティ、エフエム仙台防災・減災プロデューサー。エフエム仙台で、長年にわたってさまざまな番組の制作を手掛ける。

 

2004年から東北大学の今村文彦教授(現・災害科学国際研究所所長)をパーソナリティに迎えた防災啓発番組「Sunday Morning Wave」(日曜朝8:25~8:55)を制作。

 

2006年~2010年まで、災害時の非常食のレシピを募集する「サバ・メシ*コンテスト」を企画・実施、日本イベント産業振興協会主催の「第3回日本イベント大賞」制作賞を受賞。2011年以降毎年発行している「サバ・メシ防災ハンドブック」の監修を務めている。

 

仙台市・防災会議委員、杜の都の環境をつくる審議会委員。

 

 

* * *

 

 

 

防災にかかわるようになったきっかけ

 

 

板橋:前任者の企画を引き継ぐ形で、2004年4月から、今村先生をレギュラーパーソナリティに迎えて、防災啓発番組「Sunday Morning Wave」をスタートしました。当時、発生確率が高まっていた宮城県沖地震へ備えなければ、という意識が社会にあったのが企画の発端です。

 

それまでは、おもに音楽番組を担当していたので、実は、番組スタート時には、防災に関してまったく知識がなく、リスナーと一緒に学んでいくつもりで制作に臨みました。番組のスタイルも、防災を前面に出すのではなく、ボサノヴァのような日曜の朝にふさわしい音楽を間にはさんで、気軽に聴いていただけるようにしました。

 

 

道のりは険しかったが、東日本大震災で一変

 

 

板橋:FMラジオは音楽番組がメインで、当初、防災番組に関しては、社内的にも、社外的にも、あまり協力を得られませんでした。スポンサーがつかず、かなり早朝の時間帯への移動の話もありましたが、2008年に東北大学からご協賛をいただけることになり、なんとか持ちこたえることができました。

 

また、食を通して、防災への意識を高めてもらおうと企画した非常食のコンテスト「サバ・メシ*コンテスト」が、全国FM放送協議会「JFN賞」優秀賞、「第3回日本イベント大賞」制作賞を受賞したことで、少しずつ社内の見方が変わり始めましたが、やはり、その空気が一変したのは、東日本大震災でした。「震災前から防災番組を作り、防災啓発のイベントを行うなど、防災に熱心に取り組むFM局」として、社外からも高く評価されるようになりました。企業にとっても、防災への取り組みが喫緊の課題になったことで、協賛が得られやすくなりました。いまや、『防災』は、営業的な意味でも、会社にとって欠かせない大きな柱のひとつになりました。

 

ここまで続けてこられたのも、ひとえに今村先生のおかげです。メディアを通して、防災に関するさまざまなことを人々に伝えることを大切に考えてくださり、お忙しい最中でも、確実に時間を割いてくださいました。長年にわたる熱意と関与には、本当に感謝しています。東日本大震災直後も、翌早朝に駆けつけてくださり、専門的な立場からの注意喚起を発信することができました。

 

震災後、「激しい揺れが起きた時、番組で何気なく聴いていたことが頭をよぎって、とっさに身を守ることができた」「サバ・メシ*コンテストに参加していたことで、(地震についてイメージができていて)子供たちが落ち着いていたので助かった」という声をいただきました。普段、何気なく聴いていたことが、オリのようにたまっていき、いざというとき役立つ、災害が起きた時をイメージして非常食を作ってみましょうという呼びかけも、少なからず功を奏したようでうれしかったです。

 

このような防災番組を長く続けるのは、なかなかむずかしいかもしれません。数字が取れないのがあたりまえ、スポンサー獲得も簡単ではありませんが、メディアの大きな役割のひとつであることを認識して、局の姿勢として続けていくべきだと考えています。