IRIDeS NEWs | 東北大学 災害科学国際研究所 IRIDeS

2016.4.18

日奈久断層帯の地表地震断層を確認 続報(遠田教授、岡田助教) (vol. 7)

今回の調査では、16日のM7.3の地震によって、布田川断層帯の一部に沿って、また日奈久断層帯北部にも地表地震断層を確認し、地表面に出現していることが明らかになりました。   現在のところ、今回の調査で、布田川断層帯では、最大約2mの右横ずれの地表地震断層を、日奈久断層帯北部では、最大約 50cmの右横ずれの地表地震断層を測定しています。   布田川断層帯の東部は、阿蘇大橋周辺の地すべり等およびその救助活動で、立ち入ることが難しいため、地上での 踏査は難しいですが、報道等の空撮映像からは、地表地震断層の出現している可能性が高いことが判明しています。よって今回の地表踏査で確認されている地表 地震断層の位置よりも、さらに東まで延びる可能性があります。   また、日奈久断層帯の地表地震断層も、我々は現在の学会等からの報告よりも南の位置で、地表地震断層を発見しましたが、今後さらに南側でも変位が確認できる 可能性があり、こちらに関しても、地表地震断層は南に延びる可能性があります。   地表の地震断層のずれの方向・ずれの量などを空間的に明らかにすることは、地震…

2016.4.17

2016熊本地震 熊本県御船町で新たに地表地震断層を確認 (遠田晋次教授、岡田真介助教) (vol. 6)

東北大学災害科学国際研究所の緊急調査で4月17日、熊本県上益城郡御船町滝川において、 日奈久断層においても右横ずれ約25 cmを伴う地表地震断層が出現していることを確認しました。 これは、4月16日未明のM7.3の地震によるものと考えられます(地主さんの証言に基づく)。 また、さらに南に地震断層が連続している可能性も考えられます。           【お問い合わせ】IRIDeS 広報室 電話 022-752-2049、Eメール koho-office*irides.tohoku.ac.jp (*を@で置き換えてください)

2016.4.16

IRIDeSチーム現地入り 第一報 村尾修教授ら (vol. 5)

村尾修教授、森口周二准教授、柴山明寛准教授の3人のIRIDeSチームが熊本県の現地に入りました。第一報です。   ・古い建物に被害集中。新しい建物は軽微な被害。   ・断層沿いに被害が集中。特に瓦屋根の被害が多い。   ・重要拠点としての役所の耐震化の必要性。   ・直下型被害地域が拡大、広域化。     建築基準法の新耐震設計基準が施行される1981年以前に建設されたために、現行の耐震基準を満たさない、いわゆる既存不適格建物に被害が集中している一方、最近の建物は全体的に被害が軽微である。既存不適格が数多く分布するのは、熊本に限らず日本全国の地方都市に共通する大きな問題である。     1995年兵庫県南部地震でも老朽化した木造家屋の問題は指摘されていたが、まだまだ課題が多い。南海トラフの地震を考えた場合、こうした問題が大きな課題として残されている。             左の写真は,老朽化した旧住宅の横に新居を構えた家族の家であり、古い木造家屋…

2016.4.15

2016年熊本地震 古い木造家屋ほど倒壊(王欣助教) (vol. 4)

IRIDeS災害リスク研究部門の王欣助教は、年代別の木造家屋の全壊・全半壊率の予測値を算出し、今回倒壊したのは、比較的古い木造建築物が多い可能性を指摘しました。(以下引用可)   王欣助教は過去の地震被害関数に基づき、今回被害を受けた熊本県10か所につき、年代別の木造家屋の全壊率と全半壊率を算出しました。兵庫県南部地震の被害関数(村尾・山崎、2000)を用いると、1951年以前の古い木造家屋については、益城町で89.7%、熊本市で80.9%、宇土市で48.7%の高い全壊・全半壊予測値となり、1982年~1994年の建物については、益城町で41.7%、熊本市で 22.3%、宇土市で2.0%の全壊・全半壊率の予測値が算出されました。また中越地震などの建物被害データから求めた被害関数(翠川ら、2011)を用いると、1981年以前の旧基準の木造民家の全壊・全半壊率予測値は、益城町で25.8%、熊本市で6.0%、宇土市で0.2%となり、1981年以降の新基準の木造民家の全壊・全半壊率の予測値は、益城町で12.3%、熊本市で2.6%、宇土市で0.0%が算出されました。   分析…

2016.4.15

2016年熊本地震 “割れ残り”の余震に注意を(遠田晋次教授) (vol.3)

2016年熊本地震について、IRIDeSの研究者は、発生直後から各専門に基づいて情報収集と分析を続けており、今日午前と午後、それぞれ緊急災害対応会議および公開レクチャーを実施しました。その中で、活断層の専門家である遠田晋次教授は、これまでの解析結果を以下のように述べました。(以下太字部分引用可)   「今回の地震は布田川(ふたがわ)断層帯、日奈久(ひなぐ)断層帯という2つの断層帯の交差する付近で、活断層の一部が動くことにより発生した。現在も日奈久断層に沿って活発な余震活動が見られ、また、今週末、現地は雨天の予報で地盤がゆるむ可能性があり、引き続き注意が必要。過去に、この付近で繰り返し地震が発生してきたことから、将来の地震の大きさや地震動はすでに予測されており、今回の結果データを見ると、その大きさおよび地震動分布図は、かなりの精度で的中したことがわかる。しかし、地震の切迫性については、現在の科学では予測できないのが現状で、今後の課題である。   日奈久断層帯は北北東-南南西方向に80kmと長く伸びている。今回動いたのは北東部分であり、南西部分の活断層については、今回の…

1 7 8 9 10 11 12 13

TOPへ