IRIDeS NEWs | 東北大学 災害科学国際研究所 IRIDeS

2016.8.18

IRIDeS研究者、河北新報社を訪問 -「新聞ができるまで」を見学― (その3)

  5.新聞は読者とともに   朝刊が発行後、その日の午前中のうちに全部長が集まり、20~30分程度、朝刊反省会議を行います。   例えば、見学会の日の朝刊については、おおむね妥当な内容であった、という見方が大勢であったそうです。   しかし、「この事件について、もっと違う角度の話はなかったのか」「このスポーツ記事は、中身を表現する見出しをつけるべきだった」「この記事は文章が頭に入ってきにくい。もっとかみ砕くべきだった」などの意見も出されたとのことです。   今野次長は、数分単位の戦争状態で紙面を作る厳しい現場の状況を知りつつも、ちゃんとした商品を作るという意味で、冷静にやらなくてはと話します。読者目線から紙面を反省し、改善につなげる努力を怠らないことがわかりました。     見学会出席者は、今野次長とともに、あらためて新聞を1ページずつめくり、内容を確認しました。   新聞は色々な記事が載る「一覧性」が特徴です。従来の記事のありかたを見直し、改革も随時試みているそうですが、例えば「株式」や「食品市況」欄を…

2016.8.18

IRIDeS研究者、河北新報社を訪問 -「新聞ができるまで」を見学― (その2)

  3.購読地域に合わせて紙面を変えつつ、制限時間でギリギリの攻防   河北新報は、現在、朝刊は原則「13版」「16版」の2種類作っています。13版は、青森県や秋田県など東北地方の宮城県以外へ、16版は宮城県内へ配達されます。   午後10時半頃、県外用の紙面が締め切られ、印刷センターへデータが送られます。   午後11時半前には、県外に配達される新聞が完成し、印刷センターから各販売店へ向けて順次トラックが出発します。   しかし宮城県内用紙面については、その後も午前0時半まで編集作業が続き、印刷が終了するのは午前2時半頃です。                     地域によって締め切り時間が違う理由は、「各地の読者に朝刊が遅くとも6時までに届く」ことをすべての起点としているためです。   そこから逆算し、午前4時に朝刊を各地域の販売店に到着させます。さらに運送時間、印刷時間を考慮して遡ると、宮城県内用紙面の締切は午前0時半、…

2016.8.18

IRIDeS研究者、河北新報社を訪問 -「新聞ができるまで」を見学― (その1)

           「新聞ができるまで」見学会 動画 (YouTube 2分5秒)                       1.はじめの問題意識:研究者とメディアの相互理解の必要性   IRIDeS広報室には、よく、新聞社やテレビ局から、「さきほど起こった災害の○○について大至急、解説をお願いしたい」「○○についての○○先生の見解を、今日の○時までにいただきたい」といったご依頼があります。     そのような時、広報室は、該当する研究者に急いで打診し、なるべく時間内につなぐようにしています。   今日、研究者の間では、取材に応じ、研究について広く社会発信することは義務であるとの考え方が一般的になってきています。特にIRIDeSは、災害・防災という社会に直結する問題を扱う研究所であり、取材依頼を受けた研究者は、研究や調査の合間を縫って極力対応しています。広報担当としても、IRIDeSの…

2016.8.9

市民がIRIDeS研究者とともに「仙台防災枠組」を学ぶ講座がスタート (vol32 その2)

  市民の方々によるワークショップ   講義の後は、参加者がテーブルごとに分かれた班で、ディスカッションを行いました。   「仙台防災枠組に対する理解は深まったか」「さらに知りたいことは」「これまでと今後の防災・減災への取り組み」という3つのテーマが出されたのに対し、各自が意見を出し合い、班ごとにまとめて発表です。     筆者のテーブルの出席者は、町内会や地域防災リーダー、市民活動など、これまでに防災に積極的にかかわってこられた方がほとんどでした。   3つのテーマに対し、活発な意見が飛び交いました。   「今日の講義で、仙台防災枠組について、前よりはわかるようになったとは言えるけど、やっぱりまだ難しいよね」   「テーマがとにかく広い」   「そもそも、『枠組』は、普段使わない言葉」   「実際に、地域レベルでどうしたらいいか、具体的なイメージを掴みたい」   「イラストや漫画にしたり、子供向けにするなど、わかりやすい形で表現するのはどうだろうか」などなど。   …

2016.8.9

市民がIRIDeS研究者とともに「仙台防災枠組」を学ぶ講座がスタート (vol.32 その1)

2015年3月、仙台市で国連防災世界会議が開催されました。   本体会議には185か国が参加、国連事務総長や各国首脳を含む6500名以上が出席し、最終日には「仙台防災枠組」が採択され、大成功となりました。   東日本大震災の教訓を世界につなぐ重要会議の成果文書に、仙台の名が冠されて以降、“Sendai”は、防災を語るとき、なくてはならない言葉として、国際的な認知度も上昇しています。     「仙台防災枠組」は、今後15年間の各国の防災の指針となるものですが、その中で、「市民、地域の人々が協力して防災・減災に取り組むのが大事である」と指摘しています。   しかし、一般の方々にとっては、この枠組がいったい何なのか、誰が何を行おうとしているのか、十分理解されているとは言えないようです。   そのような状況を受けて、仙台市とIRIDeSは共催で、「ともに考える防災の未来―私たちの仙台防災枠組」講座シリーズをスタートさせることになりました。   8月7日(日)、IRIDeSの今村文彦所長、泉貴子特任准教授が講師となり、「市民の…

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12

TOPへ