IRIDeS NEWs | 東北大学 災害科学国際研究所 IRIDeS

2016.7.20

海外の学生・教員が東日本大震災の教訓を学ぶサマースクール IRIDeSにて開幕 (vol.30)

7月19日、IRIDeSにて、海外の学生・教員が東日本大震災の教訓を学ぶ「2016 APRU-IRIDeSマルチハザードプログラム」の開会式が行われました。   このサマースクールは、IRIDeSが環太平洋大学協会(APRU)と共同で毎年7月に開催しているもので、海外からの学生・教員が、東日本大震災からの復興や日本の防災、国際防災戦略・枠組み、災害伝承等などについて学びます。今年で4回目になり、APRU加盟大学を中心に、アメリカ・インド・インドネシア等14カ国から約40名が参加しました。   開会式では、まず里見進・東北大学総長が歓迎の言葉とともに、東日本大震災へ対する諸外国からの支援に対する感謝を表明した上、東北大学の震災復興・防災への取り組みについて述べました。続いて今村文彦・IRIDeS所長・教授が、震災の教訓を生かすために設立されたIRIDeSの概要について説明しました。その後、APRU事務局キース・ウォン氏の最近の協会活動の報告を含めた挨拶、IRIDeS研究者による講義、「大津波3.11未来への記憶」の上映等が行われました。     こ…

2016.7.19

IRIDeSが防災専門家と市民の対話フォーラムを共催(vol.29)

7月17日、対話フォーラム「心豊かに生きたい~災害とあなたの残したい未来社会」が、東北大学萩ホールで開催されました。これは、JST科学コミュニケーションセンター主催、IRIDeSほかが共催した、「学都」仙台・宮城サイエンス・デイ2016特別企画です。   東日本大震災から5年が経過し、当時の思いが変化し、薄れつつあるのではないかという問題意識のもと、もう一度、当時の思いを共有し、未来へつなげようという目的で行われました。   まず、震災以降、防災に深くかかわってきた3名の専門家・実践家が登壇し、それぞれの取り組みを発表しました。   奥村誠・IRIDeS副所長は、IRIDeSが東日本大震災を契機として設立され、低頻度巨大災害の理解のために災害を幅広い時空間に位置づけていること、人間の備え如何で被害と復興の程度が変わってくるため、文理連携・多分野で取り組んでいることを述べました。     金田 諦應・曹洞宗通大寺住職は、東日本大震災の後、被災地で傾聴移動喫茶カフェ・デ・モンクを運営しつつ、被災者の心に寄り添ってきた経験を語りました。がれき…

2016.7.14

IRIDeSで熊本地震への対応 学生ボランティア第2回報告会が開催 (vol.28)

平成28年6月2日~5日、東北大学の教員・学生が、熊本大学等と連携しながら熊本地震被災地でボランティア活動を行いました。これは、5月2~9日に続く、東北大学の2回目のボランティア熊本派遣であり、その活動の報告会が7月4日、IRIDeSにて開催されました。   今回の派遣の大きな目的の一つは、新しいメンバー(新入生)の加入により活動を拡大させつつ、東日本大震災被災地で蓄積したボランティア活動のノウハウを熊本へ伝えることでした。ボランティアサークルのスクラムと HARUに所属する東北大学学生は、熊本大学のボランティアグループと連携しながら、熊本地震被災地での活動を通じ、被災者の方々に寄り添い、コミュニケーションを取ることが大切であると改めて実感したとのことです。   報告会では、避難所運営や、被災地の若い世代との交流方法等について、活発な質疑応答も行われました。東北大学学生の多くが東日本大震災を経験していない世代になりつつあることもあり、東日本大震災の経験を熊本に一方的に伝えるのではなく、互いに学びあうことが大切ではないかとのコメントも寄せられました。東北大学においても…

2016.7.7

お知らせ:市民と専門家の「対話フォーラム」を開催します(7月17日午後、東北大萩ホール)(vol.27)

東日本大震災から5年。震災以降さまざまな思いに寄り添ってきた専門家が、市民の皆さまと「あのとき」の思いを共有し、残したい未来に共につないでいく、「対話フォーラム」を開催します。(対象年齢:小学校1年生~大人、無料、申込なしの参加も大歓迎です)     講演者として、傾聴移動喫茶カフェデモンクの金田 諦應さん(曹洞宗通大寺 住職)、「依存型」から「自立型」のライフスタイルへと移行を提案する石田 秀輝さん(東北大学 名誉教授)、「実践的防災学」に取り組むIRIDeSの奥村誠副所長を迎えます。     エフエム仙台 防災・減災プロデューサーの板橋 恵子さんがコーディネーターをつとめ、多賀城高等学校 災害科学科の皆さん、会場のみなさまと意見交換するトークセッションや、仙台フィルのミニコンサートもあります。     私たちが、何に心の豊かさを感じ、どのような価値観を大切にして社会をつくっていくのか、専門家と市民が等しく語り合いながら考えます。「学都」仙台・宮城サイエンス・デイ2016特別企画です。子どもから大人の方まで、ぜひお気軽にご参…

2016.6.30

被災地のいま 写真特集  宮古市田老地区 2016年6月(vol.26)

2011年3月の大津波で市街地が壊滅した岩手県宮古市田老地区。 70cm余り高くした防潮堤に囲まれて、更地のままになっていた市街地のあとには、2016年4月、宮古市田老野球場が完成しました。   動画:田老(YouTube)               訪問時、中学生の野球大会が開かれていて、町中に響く元気な声は、復興途上の町や人々への応援歌に聞こえました。                     防災集団移転事業として高台移転する三王団地は、地区の東北部にある標高40-50mの山林を切り開いた高台です。この高台には159の住宅区画と災害公営住宅71戸が整備されており、いま住宅の建設ラッシュです。災害公営住宅や一部の住宅はすでに入居が済んでいて、6月1日現在、123戸299人が入居しています。また消防分署や派出所などの公共施設や保育所も団地内にできています。       &nbs…

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

TOPへ