IRIDeS NEWs | 東北大学 災害科学国際研究所 IRIDeS

2016.6.2

IRIDeSと多賀城高校が包括連携協定(vol.21)

東北大学災害科学国際研究所IRIDeSと宮城県多賀城高等学校が包括的な連携協力を行うことになり、6月1日、調印式が行われました。   多賀城高校は、被災地の高校として防災知識や技能を習得して地域社会に貢献する人材を育成するため、兵庫県立舞子高校環境防災科に続き、全国で2番目の防災系の学科となる災害科学科を、今年4月に開設しました。調印式ではIRIDeSの今村文彦所長と多賀城高校の小泉博校長が、協定書へサイン・調印を行いました。   小泉校長は、「多賀城高校災害科学科は、1期生に震災時の想いを生かそうとする高い志を持つ生徒38名を迎えて出発しました。この協定により更にIRIDeSと連携を深め、社会に有為な人材を輩出していきたい」と述べました。また今村所長は、「我々には、東北地域で震災の諸問題を解決し国内外へ教訓として発信してゆく使命があります。IRIDeSは今後、多賀城高校の若い生徒さんとともに、様々な分野の災害科学に取り組む所存です。きょうはその第一歩となります」と述べました。   文部科学省は、高校と大学の連携(高大連携)を推進していますが、このたびの包…

2016.5.30

熊本被災地で東北大学生ボランティアが活動 IRIDeSにて報告会開催 (vol.20)

5月2日~9日、東北大学は教員と学生を熊本被災地へ派遣し、熊本大学等と連携しながら避難所調査やボランティア活動を行いました。5月26日、IRIDeSにて報告会が開催され、花輪公雄理事(教育・学生担当)挨拶に続き、現地から戻った藤室玲治特任准教授(課外・ボランティア活動支援センター)、畠山弓穂さん(文学部2年)、西塚孝平さん(教育学部3年)が発表し、司会をIRIDeSの丸谷浩明教授が行いました。     東北大学は、東日本大震災を受けてボランティア支援室を発足させました。当初は、被災地でボランティアを行う本学教職員や学生を支援するためでしたが、次第に大学教育の一環としてのボランティアの重要性が認められ、山形豪雨被災地等にも活動を広げ、このたびの熊本被災地でもボランティアを行うことになりました。     熊本大学等と連携しながら、学生ボランティアとして参加した西塚さん・畠山さんは、避難所実態調査、ガレキ撤去、足湯ボランティア活動を行いました。報告会では、これまでの山元町の仮設住宅におけるボランティア経験に基づき、熊本被災者の表面化しにくいニーズを捉える重要性等を指摘しました。藤室准教授は、…

2016.5.26

日本独特の歴史資料保存活動 カナダ開催の文化財修復学会で発表(天野真志助教)(vol.19)

世界の文化財修復活動の転機となった1966年のイタリア・フィレンツェの大洪水から今年で50年。5月13-17日、カナダのモントリオールでアメリカ・カナダ合同による文化財保存修復学会が特別開催され、IRIDeSの天野真志助教(歴史資料保存研究分野)らが、独自の発展をとげている日本の歴史資料保存活動について発表しました。   災害時における歴史資料レスキューの実務を修復専門家が担当している欧米に対して、日本では歴史研究者が中心になって行っています。欧米では、歴史資料の大部分が公文書館、博物館等で保存されているのに対し、日本では資料の多くが一般市民所有であるという違いもあります。         頻繁にフィールドワークを行う日本の歴史研究者は地域との距離が近く、歴史資料が被災した場合にも地元の人々と連携して迅速にそのレスキューにあたるとともに、しばしば市民ボランティアの協力を得て資料修復作業を行ってきました。一方欧米では、歴史学者、博物館員、図書館員、保存専門家、修復家などと専門分化が進んでおり、歴史研究者が修復の実務を行うことはほとんどない…

2016.5.26

Japan’s Distinctive Approach to Preserving Historical Materials: Presentation at a Conference Held in Canada on the Restoration of Cultural Properties

Assistant Professor Amano and others at the conference Fifty years have passed since the major floods at Venice, Italy. The year 1966 was a turning point in the restoration of cultural properties. In May 14–17, 2016, a joint Canadian–American conference on the restoration of cultural properties was held in Montreal, with countermeasures for disasters as the theme. Along with his group, Assistant Professor Masashi Amano of IRIDeS (specializing in the field of preservation of historical materials)…

2016.5.21

G7財務大臣・中央銀行総裁会議関係者がIRIDeSを訪問(vol.18)

5月20日、G7財務大臣・中央銀行総裁会議関係者(日本・海外メディアを含む)がスタディーツアーでIRIDeSを視察し、今村文彦所長をはじめ所員がIRIDeSの設立経緯や活動について説明しました。         今村所長は、IRIDeSが東日本大震災の約1年後、「わざわい転じて福となす」をモットーに、文理融合の実践的防災学を推進する国際研究所として発足したことを紹介し、震災時の津波発生・伝播メカニズムなどについて説明しました。   また、小野裕一教授(国際連携担当)は、あらかじめ防災に投資することにより、災害発生後に対応するより経済的損失を軽減することになる。しかし事前投資の基礎となる災害被害データが未整備である国が多いことが問題であり、その状況を打開するため、IRIDeSが国連開発計画(UNDP)と共同で災害統計グローバルセンターを発足させたことを説明しました。                     この日の訪問者は、IRIDeSが東…

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

TOPへ