教員自己紹介(林)

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 寄附研究部門 > 教員自己紹介(林)

 
寄附研究部門
地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門
林 晃大 (助手)
 

 

研究概要

 

海岸林などの植栽による津波減災効果について研究しています。東日本大震災では、減災効果を発揮した海岸林、そうではなかった海岸林の双方とも事例が確認されており、今後はその効果と限界を正確に把握する必要があります。津波の被害からわれわれの生活の場を守る手段として、コンクリート防潮堤などの人工物のみならず、海岸防潮林といった自然の力を用いた津波減災策を提案していきたいと考えます。

 
 
図1 宮城県岩沼市沿岸域(白塗り部分は海岸林域)と各地点における浸水深の時間変化。想定は東北地方太平洋沖地震津波。
 
図2 海岸林の有無による津波到達時間の差(宮城県岩沼市)
 
写真1 国外における植林活動への参加(ベトナム)