教員自己紹介 井内加奈子

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 人間・社会対応研究部門 > 教員自己紹介 井内加奈子

 
人間・社会対応研究部門
防災社会国際比較研究分野
井内 加奈子 (准教授)
 
 

 

研究概要

 

自然災害からの復興政策と計画に焦点を当て、災害後の移転の問題、地域復興とまちづくり、ならびに復興計画・制度やガバナンスについて研究をしています。フィリピン(台風ハイエン2013)、アメリカ(ハリケーンサンディ2012;ハリケーンカトリナ2005)、日本(東日本大震災2011;中越大震災2004)、及びインドネシア(インド洋津波2004)を対象に、より良い復興のあり方を探ると共に、将来の災害に対するレジリエンシーを高めるための知見を明らかにしたいと考えています。
 
 

写真1 仮設住宅での住民ヒアリング(フィリピン)、2014

 
 
 

図1 東日本大震災後の災害復興対策部署の変遷、Iuchi, K., Johnson, A., and Olshansky, R (2013)から一部加筆・修正