教員自己紹介(バシャー)

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 情報管理・社会連携部門 > 教員自己紹介(バシャー)

 

 
情報管理・社会連携部門
社会連携オフィス
バシャー リード (特任教授(客員))
 

 

ニュージーランド出身。ニュージーランドのNational Institute for Water and Atmospheric Research(NIWA) 、米コロンビア大学のInternational Research Institute for Climate and Societyで気候に関する情報を産業や政府の計画や管理に活用するための研究を行う。
 
国連国際防災戦略事務局(UNISDR)では、気候変動枠組条約(UNFCCC)や気候変動に関する政府間パネル(IPCC)で、気候変動に関する国際防災政策立案において中心的役割を果たした。また、兵庫行動枠組の起草や防災グローバルプラットフォームのレポート作成、国連国際防災戦略(ISDR)防災用語集(2009年版)や他のUNISDRの出版物の執筆に携わる。またUNISDRの早期警報推進プラットフォームを立ち上げ、2004年大津波後のインド洋津波警報システムの開発を国連機関全体のプロジェクトとしてサポートするよう調整し、2005年版早期警報システムについてのグローバルサーベイのレポートの作成にも携わるなど、国連での国際防災政策立案の要を担った。
 
現在は東北大学の他、ヴィクトリア大学ウェリントン校非常勤教授、マッセー大学客員研究員も務める。