教員自己紹介 森口周二

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 地域・都市再生研究部門 > 教員自己紹介 森口周二

 
地域・都市再生研究部門
地域安全工学研究分野
森口 周二 (准教授)
 

 

研究概要

 

 斜面災害は、主に豪雨や地震を誘因として発生し、毎年のように深刻な被害をもたらしています。この斜面災害の被害の抑制や軽減を目的として、斜面災害の被害やリスク評価のための数値解析技術の開発、およびその使用環境整備に関する研究を進めています。斜面災害は、斜面崩壊、土石流、落石、雪崩など多くの種類があり、変形レベルも様々であるため、1つの手法で統一的に表現できるものではありません。そのため、対象とする現象に合わせて数値解析手法を使い分けており、異なる手法を組み合わせた新たな手法なども開発しています。また、斜面災害の対象は多くの場合大規模であり人工物ではないため、評価の中では各種のバラツキを考える必要があります。そのバラツキを考慮して、確率論的に危険度評価をする枠組みについても研究を進めています。

 
 
           図版1:離散体モデルによる土砂流動シミュレーション

 

 
           図版2:連続体モデルによる雪崩シミュレーション