教員自己紹介 櫻庭雅明

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 地域・都市再生研究部門 > 教員自己紹介 櫻庭雅明

 
地域・都市再生研究部門
地域安全工学研究分野
櫻庭 雅明 (特任教授・客員)
 

 

研究概要

 

2011年東北地方太平洋沖地震では,津波は浸水よる被害だけでなく,建物倒壊による瓦礫の発生や,漂流物による衝突に伴う被害も多く発生することが確認されました。このような津波に伴う,構造物の被害や漂流物による被害のリスクを予測することを目的として,建物の倒壊や漂流物の発生や移動を予測する数値モデルを構築およびその実用化に関する研究を行っています。津波シミュレーションで得られた浸水深や流速により,複数の種類の漂流物がどのような軌跡で移動・滞留するかを予測した結果を踏まえて,津波漂流物に関するリスク評価・リスクマップを作成を行っています。また,構造物周辺に浸水特性を詳細に把握するための地形・構造物データのモデリング・可視化に関する研究を進めています。
 
 
                  漂流物のシミュレーション(軌跡)とリスクマップ
 
 

 

                   津波シミュレーションのための建物のモデリング