教員自己紹介 田所諭

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 地域・都市再生研究部門 > 教員自己紹介 田所諭

 
地域・都市再生研究部門
災害対応ロボティクス研究分野
田所 諭 (教授)
 

 

研究概要

 

災害への緊急対応、復旧、予防のための新しい方法論として、ロボットが注目されています。人間にとって危険な作業や困難・不可能な作業を代替したり、作業効率を上げてコストを下げることがその目的です。私は、神戸で経験した阪神淡路大震災の体験を元に、レスキューロボットの研究開発分野を創るという仕事を行ってきました。その成果は、東日本大震災で歴史上初めて多数のロボットが災害に適用されることとなりました。NEDOのプロジェクトで私のグループが開発したQuinceというロボットは、福島第一原発の原子炉建屋に国産ロボットとして初めて投入され、冷温停止状態の実現に貢献することができました。能動スコープカメラというヘビ型ロボットは、瓦礫内の狭い場所に潜り込むための高い性能を持ち、米国の建設現場倒壊事故の原因調査に使われるなどの実績を持っています。現在は、災害の予防のための各種ロボット技術、原発等の災害復旧のためのロボット技術を中心に研究を進めています。

 
 
        図版1Quince

 

 
      図版2:能動スコープカメラ