教員自己紹介 寺田賢二郎

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 地域・都市再生研究部門 > 教員自己紹介 寺田賢二郎

 
地域・都市再生研究部門
地域安全工学研究分野
寺田 賢二郎 (教授)
 

 

研究概要

 

コンピュータによる多重物理・化学問題の数値シミュレーション手法を開発し、様々な災害による物的・人的被害の再現・予測・可視化技術に応用することで、地域・都市の防災・減災力ならびに回復力の向上のための展開研究に取り組んでいます。また、社会基盤構造物やコンクリート・鋼・地盤などの構造材料の劣化プロセスと強度発現機構の解明、ならびに耐久性評価のためのマルチスケール・マルチフィジックス解析手法の構築にも取り組み、地域・都市の安全性評価のための革新的技術の開発を目指しています。さらに、他分野の研究と連携しながら、発災時の情報伝達や意思決定プロセスの最適化や、被災後の弾力的な復元力の発揮に寄与しうる統合災害情報システムの構築を目指して、数値シミュレーション結果やその各種災害関連データとの相関を効果的に可視化するための、コンピュータ内の仮想多次元空間を利用した「見える化」技術の開発も進めています。