教員自己紹介 姥浦道生

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 地域・都市再生研究部門 > 教員自己紹介 姥浦道生

 
地域・都市再生研究部門
都市再生計画技術分野
姥浦 道生 (准教授)
 

 

研究概要

 

 巨大災害からの復興に際しては、地域空間には、単に元の状況を取り戻すことだけではなく、また単に防災性能を向上させることだけではなく、産業的観点、環境的観点、社会福祉的観点など、さまざまな観点から地域が抱えていた課題を同時に解くような、真の意味での「復興」といえる新たな空間を創造することが求められています。

 

 このような問題意識の下で、現在、巨大災害からの復興に関わる物的空間の計画理論の構築と計画策定技術の開発、及びそれらを実現するための社会システムの設計やマネジメント手法の構築に資する研究活動を行っています。具体的には、震災以前から存在した住民まちづくり協議会を活用した効果的な住民参加プロセスの検討や、防潮堤をはじめとした津波防御施設の計画論の在り方の検討等を行ってきました。

 
 また、このような研究活動と相互に連動させつつ、被災自治体や被災地区に対する復興計画の策定・実施に関する実践的支援活動も行っています。