教員自己紹介(後藤)

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害リスク研究部門 > 教員自己紹介(後藤)

 
災害リスク研究部門
低頻度リスク評価研究分野
後藤 和久 (准教授)
 

 

研究概要

 

 

 地質学を専門として,過去の津波の履歴と規模を明らかにする研究を行っています.過去の津波の理解には学際的なアプローチが必要で,津波工学分野の技術や歴史・考古学の知見を融合させた研究に取り組んでいます.近年では,(1)2011年東北地方太平洋沖津波による侵食・堆積現象の実態解明と日本海溝沿いの古津波履歴と規模の再評価,(2)琉球海溝および南海トラフ沿いにおける低頻度巨大津波のリスク評価,(3)沿岸巨礫群を用いた地震・津波の規模の推定法の検討,などの研究課題に取り組んでいます