教員自己紹介(五十子)

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害リスク研究部門 > 教員自己紹介(五十子)

 
災害リスク研究部門
最適減災技術研究分野
五十子 幸樹(教授)
 

 

研究概要

 

我が国における耐震工学研究の歴史は100年を越え,世界的に見てもトップレベルにあります.しかしながら,未だ解決すべき問題は多く残っています.超高層建物や免震建物のような長周期構造物の長周期・長時間地震動に対する脆弱性の問題もその一つです.


当研究室では,我が国における都市・建築の更なる高耐震化に向けて下記のような研究を展開しています.


  1. 質量増幅機構を用いた革新的振動制御装置による地震時建築物応答制御設計法の開発
  2. 新しい制御装置の効率的な試験実施のためのリアルタイムハイブリッドシミュレーション技術の高度化
  3. 超高層ビルの極大地震に対する安全限界評価に関する研究と限界性能向上のための技術開発
  4. 設計のための指導原理構築を目指した逆問題型力学変分原理に関する研究