教員自己紹介(今村)

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害リスク研究部門 > 教員自己紹介(今村)

 
災害リスク研究部門
津波工学研究分野
今村 文彦 (教授)
 

 

研究概要

 

 東日本大震災での甚大な被害の多くは巨大津波を原因としていました.我が国では,過去の津波災害を経験に,様々な取組がなされ被害軽減に役立って来ましたが,2011年の大きな犠牲は,従来の手法や考えの抜本的な見直しを迫られました.2011年の被害実態を十分踏まえますが過去の実績や想定に囚われない,考えと学問体系が必要になっています.
 

 

 津波工学研究分野では,低頻度大規模災害(想定を超える)の評価のあり方,地域での安全レベルの合意,様々な科学技術を融合させること,継続的で効果的な対策・対応を地域に根付かせること(防災文化の涵養,啓発・教育の充実)などを重点的に取り組んでおります.過去の歴史地震津波の見直しから,スーパーコンピュータ(HPCI)や震災ビッグデータなどの活用まで幅広いレンジで実践的な津波工学分野の展開を試みております.