教員自己紹介(大野)

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害リスク研究部門 > 教員自己紹介(大野)

 
災害リスク研究部門
地域地震災害研究分野
大野 晋 (准教授)
 

 

研究概要

 

強震観測と早期強震動分布推定手法の開発

 震災時に被害を把握するためには,早期に揺れの分布を把握する必要がありますが,震度観測点は数が少なく,また周期の情報がない震度情報のみでは様々な被害を予測することは困難です。そこで,仙台市を対象として独自の強震観測網を展開するとともに,その記録を用いて,地下構造による場所ごとの揺れ方の違いを考慮して,周期別の揺れの大きさの分布を精度よく推定する手法を開発しています。
 
 

 

強震動特性のモデル化と強震動予測手法の開発

 構造物の設計用入力地震動を精度よく予測するためには,建設地点の地盤増幅特性,伝播経路の減衰特性,震源特性などを的確にモデル化する必要があります。強震観測記録からこれらの特性を求め,地域によりどういう相違があるかを明らかにする研究を行っています。それと同時に,これらの地域性を考慮した精度の高い強震動予測方法の開発を行っています。