教員自己紹介 福島洋

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害理学研究部門 > 教員自己紹介 福島洋

 
災害理学研究部門
海底地殻変動研究分野
福島 洋 (准教授)
 
 

 

研究概要

 

1) 海溝型巨大地震の発生ポテンシャル評価手法の開発
海陸の地殻変動観測結果をはじめとする様々な地球科学的データやプレート沈み込み帯に関する知見を総合することにより、沈み込み帯の地殻変動と巨大地震発生サイクルのモデルを精緻化し、海溝型巨大地震の発生ポテンシャルを評価する手法を開発する。
 
2) InSARを用いた地震・火山等の研究
InSAR(合成開口レーダ干渉法)を使って陸域の詳細な地表面変動を検出し、地震、火山、地すべり、地盤沈下等のハザードの研究を行う。具体的には、活断層近傍の歪蓄積様式の解明、活断層型地震発生時の断層運動や変状の詳細検出、火山における噴火や噴火準備過程に伴う変形検出・モデル化等を行う。