教員自己紹介 遠田晋次

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害理学研究部門 > 教員自己紹介 遠田晋次

 
災害理学研究部門
活断層研究分野
遠田 晋次 (教授)
 

 

研究概要

 

  1. 1) 活断層の地震発生履歴と地震ハザード評価
 大きな内陸地震直後に地表に出現する断層(地震断層)の調査や、そのような変動が蓄積して地形にあらわれた活断層の掘削調査を行ってきた。調査結果を通じて、活断層から推定される地震の規模と発生確率の予測と、その評価手法の開発を行っている。
 
2) 地震の連鎖現象と断層間相互作用
 広い意味での余震は大地震を引き起こした断層の周辺でも発生する。例えば,東北地方太平洋沖地震では、遠く長野県や静岡県でも直後にマグニチュード6級の地震が発生した。これは、大地震によって地殻内の力のバランスが大きく変化したことによる。このような応力変化に対する地震応答について研究を続けてきた。その成果を広義の余震確率予測や時間変化する地震ハザード予測に活かすことを目指している。
 
 
 
(写真)2011年4月11日マグニチュード7の福島県浜通りの地震で活動した井戸沢断層の掘削調査風景。