リーディング大学院

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > リーディング大学院

特任教授(客員):
塚越 保祐、岩崎 智哉 准教授: 松本 行真
講師: 久利 美和 助教: 杉安 和也
リーディング大学院教育プログラムにおいて、私たちが提唱するグローバル安全学とは、個々の専門領域で発展してきた「安全」に関する学問 を、自然災害を中心としたリスクに対する防災・減災を柱として、空間的・時間的・社会的に、グローバルな視点で体系化する学問です。  本プログラムでは、科学や技術、人文社会学の学術領域に属する研究者が連携し、「安全安心を知る」「安全安心を創る」「安全安心に生きる」という3つの 視点からプログラムを構築しています。 具体的には、地球惑星科や環境科学をはじめとする自然科学、土木工学、都市・建築学、機械工学な どの工学、哲学・心理学・倫理関連分野を中心とした3つの学術コアとその複合領域において、人間を起点とした科学と技術を統合した文理融 合型の教育を推進していきます。

災害科学国際研究所においては、津波防災、津波工学、火山噴火防災、噴火予知、地震観測、地震予知、活断層、異常気象、防災建築などの世 界最先端研究が行われています。防災に関係した講義やセミナーや自然災害に関連したフィールド研修などを共同開講し、学生が「自然災害」 や「防災」に対して深い知識や経験を有する機会を創出します。通常のカリキュラムでは機械工学や社会学を専攻する学生が「自然災害」や 「防災科学」の経験を得る機会はほとんどありませんが、本プログラムではそれが可能となります。