人間・社会対応研究部門

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 人間・社会対応研究部門

歴史的視点での災害サイクル・復興の再評価を行い、災害をあらかじめ織り込んだ社会の構築を提案する。

自立不可能な状況になった被災地のニーズを適確に推定し、外部地域の現有資源と知識を最大限に活用した被災地支援の立案と実施のための技術を提供する。

国内外の災害の歴史や文化の違いを踏まえ、人間の災害認知と行動のメカニズムや産官学民の災害対応力の実状に基づいて、災害への対応を織り込んだ社会システムの構築方法を提案する。

地域の歴史や文化を災害から守り、次の世代に受け渡していくための方法論を探求。

復興に向かう地域の人々や行政との連携を図りながら、これらの研究を学際的、総合的な視点で推進する。