防災社会システム研究分野

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 人間・社会対応研究部門 > 防災社会システム研究分野

教授: 丸谷 浩明増田 聡(兼),吉田 浩(兼) 助教:   寅屋敷 哲也

防災・減災及び災害復興の実現に向けた社会システムのあり方を研究している。

東日本大震災や既往災害の社会経済分析や企業・NPO・政府・自治体調査等を通じて、地域防災計画の改善、事業継続計画の普及・見直し、災害リスク管理の高度化、産官学民の連携構築、地域(市民)防災力の充実といった諸方策の意義と効果を評価検討し、これら方策を推進して、新たな防災社会システムの設計・構築を目指す。表のプロパティ

 

経済学研究科と連携して、宮城県・東北地域に立地する大学の研究者を中心とする「地域産業復興調査研究プロジェクト」を進めている。本プロジェクトでは、中長期的な東北地域の産業復興や災害対応力強化に向け、東北全体の産業立地や農林水産業・製造業等の新たな構想など、地域産業・地域経済ビジョンを検討し、被災地から政策提言や情報発信を行う。さらに、地域福祉・健康・医療等を含めた住民生活や意識構造の実態把握を通じて、新たな社会システムの展望を試みている。

 

今後の震災復興計画に対する政策提言を行うことを目指し、行動科学の研究手法を用いて災害サイクル・復興のあり方を分析し、また、情報伝播と主観的幸福度に基づく復興戦略分析を行う。

 

防災対策のワークショップ

 

事業継続:離れた場所の同業他社との協定

 

 

 

地域産業復興調査研究プロジェクトの報告書

 

 

 

 

厚生労働統計で知る東日本大震災の実情

 

 

 

 

災害と持続可能な発展ビジョンの構築