災害復興実践学分野

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 情報管理・社会連携部門 > 災害復興実践学分野

教授: 佐藤 健,小野田泰明(兼) 准教授: 平野 勝也,本江 正茂(兼) 助教: 定池 祐季

災害に強い持続可能で、美しく快適な地域社会づくりを目指し、地域に根差した減災・防災まちづくりの研究とその実践を行っている。具体的なテーマは、学校安全と地域安全の融合モデルの開発、景観まちづくりのための分析方法論、復興まちづくりのデザインなどと多岐にわたる。

この分野の特徴は、学際的な研究であることと、社会連携に基づいた実践を重視していることである。実践事例として、石巻市との包括連携協定をはじめとした被災自治体の復興計画の策定やそのマネジメント、実際のまちづくりや防災施設のデザイン、学校教育における防災教育の再構築などがある。