気仙沼サテライト

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 気仙沼サテライト

 

 東北大学災害科学国際研究所は、東日本大震災の被災地での復興や防災・減災対策の推進に貢献するため、被災された地方自治体と包括的連携協定を締結し、地域連携の取り組みを強化しています。

 

 気仙沼市とは2013年7月に協定を締結し、同年10月には、市内に本研究所初のサテライトオフィス(分室)を開設しました。本研究所は、気仙沼分室(通称:気仙沼サテライト)を拠点として、最新の研究成果等の発信(定期的な防災文化講演会の開催や、調査研究成果の展示等)と、復興や防災・減災対策に関わる実務者・住民・研究者等との人的交流・情報共有を推進しています。

 
気仙沼分室が入居している気仙沼 海の市(写真提供:海の市)
 

 また、気仙沼サテライトは、地域防災計画や津波避難対策の策定に関する地方自治体との連携や、本研究所が推進する震災アーカイブ活動(みちのく震録伝・いまをつたえ隊)等、さまざまな実践的活動の拠点としても活用されています。

 

 下記の通り、開室しております。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 
 

【開室日時】 (原則)

  月曜日~金曜日     9:00~12:00、13:00~16:00

   ※祝日や調査活動があるときなどはお休みをいただきます。

 

気仙沼分室内の様子(2014年6月撮影)
 

【所在地】

 〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前7-13 海の市3階(オフィスD)

 

【これまでの活動】

■ 防災文化講演会
 
■ 防災対策・津波避難計画への協力
  • 気仙沼市総合防災訓練等への協力(避難状況の調査等)(活動報告を見る
  • 地区ごとの津波避難計画策定への協力
 
■ 震災アーカイブ活動
  • 気仙沼市内の復興状況を記録する活動
 
■ 防災教育への協力
  • 中学校における防災学習(総合的な学習の時間)への協力(活動報告を見る
■ その他
  • グッドデザイン賞を受賞した「災害のデータスケープ」をパネル展示しました。(協力:せんだいスクール・オブ・デザイン,東北大学大学院工学研究科・災害科学国際研究所(兼任)本江 正茂 准教授研究室)2013年11月から2014年3月まで常設
  • 気仙沼市において『サイエンス・防災安全ディ』を開催し,展示「地球を身近に感じてみよう」及び「第二回防災文化講演会」を実施しました。(会場:気仙沼市中央公民館,主催:東北大学災害科学国際研究所・東北大学グローバル安全学トップリーダー育成プログラム・気仙沼市,共催:気仙沼市教育委員会,協力:東北大学地震・噴火予知研究観測センター)2013年11月16日実施(活動報告を見る

 

【連絡先】
  気仙沼サテライト: 電話・FAX 0226-25-9928  (10:00 ~ 16:00)
 お問い合わせフォーム
 email: koho-office※irides.tohoku.ac.jp
 メール送信の際には、※を@に置き換えてください。