除染科学研究分野

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 地域・都市再生研究部門 > 除染科学研究分野

教授: 高橋 信(兼)    

平成23年3月11日の大震災の後、起こった原子力災害である広域放射性物質汚染に対応している。東北大学では、事故直後から空間線量や水や食物に含まれる放射性物質の検査を行ってきた。また、放射性物質汚染検査にとどまらず、なぜ水道水中には放射性セシウムが居ないのか?畑は耕作に使えるのか?汚染された土壌の除染はどのようにできるのか?といった放射性物質による汚染の問題の解明と解決に取り組んでいる。

当分野では、放射線を取り扱ってきた長い歴史があり、今回の放射線の計測であるとか、除染の技術はこのような研究や技術の延長線上にある。いま私たちは、目の前にある課題、放射性物質の汚染からの復旧を目指しているが、研究成果は、チェルノブイリ及び世界の原爆実験場などの汚染地域の除染に適用できるものと考える。