災害対応ロボテックス研究分野

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 地域・都市再生研究部門 > 災害対応ロボテックス研究分野

教授: 田所 諭(兼) 助教: 永野 光

東日本大震災では、原子力プラント事故対応、港湾調査、遺体捜索、構造調査などに対してロボット技術が適用され、一定の成果を上げた。今後の防災においては、新しい技術としての遠隔機器や自動機器が、種々の場面で求められていくと考える。その主要な効果は、人間ではできないことを安全かつ効率的に行うこと、災害に対するリスクを低減すること、防災のコストを下げること、にある。

本分野は、災害救助や災害対応はもとより、防災全般に役立つことを目指したロボット関連技術の研究開発を推進する。