災害リスク研究部門

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害リスク研究部門

2011年東日本大震災の教訓と被災メカニズムの解明に基づき、防災・減災のための技術を再構築する。

この地震や津波の変形過程および地域の被災過程を、観測データの統合、先端的リモートセンシング技術の開発、数値シミュレーションの高度化を通して明らかにする。既存の減災システムの有効性をこの巨大ハザードに対して検討し改革する。

これらの研究成果を、将来巨大災害の発生が予想されている地域に適用して、災害リスクの軽減や早期復興のための備えに貢献することを目指す。