地域地震災害研究分野

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害リスク研究部門 > 地域地震災害研究分野

教授: 源栄 正人 准教授: 大野 晋 助教: 王 欣

地震地域災害研究分野では、地域の地震災害軽減を目的として、「インセンティブ防災、リアルタイム防災」をキーワードに研究を進めている。

前者は最適化理論に基づき制約条件下での被害を最小にする防災対策を検討する新しい学問で、地震・地盤震動研究、構造物−地盤系の地震応答性状の研究をベースに、地域の地震・地盤環境と社会環境を考慮した耐震改修支援システムなどの最適な防災対策・耐震対策を研究している。後者はリアルタイムに得られる地震・地震動や建物被害等の災害情報を用いて効率的な地震被害低減を目指すもので、地震動・地震ハザードの研究及び地震被害予測研究をベースに、地域の地震観測網や緊急地震速報などの最新の地震観測・情報伝達技術を用いた防災対策の研究を行っている。