広域被害把握研究分野

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害リスク研究部門 > 広域被害把握研究分野

教授: 越村 俊一,佐藤 源之(兼) 特任教授(客員): 村嶋 陽一 准教授: マス エリック

災害による被害推計手法の高度化、発災直後の迅速な被害把握と災害救援活動への技術的貢献を目標として、リモートセンシング、数値シミュレーション、地理情報システム(GIS)を融合した新しいアプローチでの研究と技術開発を行う。地域の災害に対する脆弱性を評価し、その評価結果に基づく有効な減災策を社会に提案する。

災害による被害を抑止するだけでなく、起こりうる被害を最小限にとどめ、しなやかに立ち直る、新しい減災社会の構築に向けた技術的な貢献を果たすことが本研究分野のミッションである。

 

 

広域被害把握研究分野