低頻度リスク評価研究分野

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害リスク研究部門 > 低頻度リスク評価研究分野

准教授: 後藤 和久    

過去の巨大津波の痕跡は、地層中に堆積物として保存され、我々に津波災害の実態を解明する手がかりを与えてくれます。当分野では、東北地方太平洋沿岸を始めとした日本国内の沿岸域、さらには海外でも、地層中に津波堆積物を見出す調査研究に取り組んでいます。

堆積物自体の特徴を詳細に調べることから始まり、年代測定、構成物質や含有元素の分析、異地性の生物痕跡の検出など、様々な分析手法を組み合わせて研究を進めることで、地層中の津波記録を解読することができます。

また、コンピューターを用いた津波と津波による堆積作用の解析も、津波の地質学的記録を解釈する際に重要な役割を果たすようになってきています。当分野では、津波堆積物研究の更なる発展を目指して、様々な手法による調査分析を進めています。