地盤災害研究分野

災害科学国際研究所トップページ > 研究所組織 > 災害理学研究部門 > 地盤災害研究分野

教授: 今泉 俊文(兼) 准教授: 武藤 潤(兼) 助教: 岡田 真介

地学専攻と連携して、活断層の地表から地下深部に至る、形状・性状、形成・発生プロセスなどを明らかにすることを目指して研究を進める。以下の研究は、内陸活断層の地震危険度を評価する上での基礎的資料となり、地域の防災・減災計画にとっても重要な役割を担っている。

  1. 位置形状・地下構造に関する研究(変動地形調査・反射法地震探査)
  2. 活動履歴・活動性評価に関する研究(古地震学的調査)
  3. 形成・発生のプロセスに関する研究(地下試錐調査・電磁気学的調査)