プロジェクトエリア・ユニット組織表

災害科学国際研究所トップページ > プロジェクトエリア・ユニット組織表

 

国内他機関や国際的な学術ネットワークを持ちながら、地震・津波データベース(津波痕跡)、震災アーカイブ(みちのく震録伝)等を構築し、さらに充実させて有効活用し、大震災の科学的な教訓を反映させた広域・複合災害への備えの体系化、国内や国際社会での防災戦略政策(仙台防災枠組)への貢献を行っていきたいと思います。研究活動の強化を図るため、2016年4月より、自然・社会環境、文化・歴史が異なる地域のニーズに適した支援を実施する新しい研究プロジェクト体制であるプロジェクトエリア・ユニット制を開始しました。

プロジェクトエリア
<エリア長>
プロジェクトユニット
<ユニット長>
主メンバー 副メンバー
研究内容
【場】
災害の発生メカニズム解明・予測

<木戸元之/災害理学研究部門>

ハザード評価
<木戸元之>
木戸・遠田福島岡田川田丹羽・本荘
越村・千田・寺田・蝦名・後藤
観測やモデリングに基づき大規模地震・津波・火山噴火等の自然災害の統合的ハザード評価を行う。
被害予測と軽減
<今村文彦>
今村・後藤・サッパシー・佐藤(翔)・リーラワット・保田
越村蝦名森口久利ローバー
リアルタイム観測、データベースや歴史資料などを融合させ、ハザード・リスクの予測手法を提案し、地域での利活用法を検討する。
【情報】
自然災害アーカイブシステムの構築・運用

<佐藤健/情報管理・社会連携部門

アーカイブ
<川島秀一>
川島・蝦名・佐藤(大)柴山天野・池田・ボレー
伊藤・今村桜井佐藤(翔)
自然災害に係わる資料の収集・整理・保存の後、アーカイブの構築と活用をはかり、そのシステムの国際標準化を目指す。
災害統計
<小野裕一>
小野・イ
江川奥村栗山丸谷・サッパシー・柴山地引寅屋敷
国内外の災害被害統計を収集・分析し、防災政策の立案を推進することで仙台防災枠組の実施に貢献する。
防災教育・人材養成
<佐藤健>
佐藤(健)杉浦邑本桜井
蝦名佐藤(大)柴山三木天野稲葉・佐藤(翔)
多様な研究資源と災害アーカイブに基づいて防災教育と人材育成のモデル開発・社会実装を行う。
【組織】
被災地支援・受援を効率化する組織と技術

<越村俊一/災害リスク研究部門

減災・復興支援技術
<奥村誠>
奥村ダス 杉浦・井内平野小林
減災・復興支援に関する数理計画・空間計画手法と、社会・経済的情勢のシミュレーション手法を研究する。
災害空間情報解析
<越村俊一>
越村有働マス
奥村木戸富田・イ・川田
センシング技術・予測情報を活用した災害対応支援のための情報獲得、処理技術の構築を行う。
【もの】
構造制御技術と多重防御技術による
地域・都市レジリエンスの向上

<寺田賢二郎/地域・都市再生研究部門

人的・物的被害軽減
<五十子幸樹>
五十子源栄大野
佐藤(健)・丸谷・村尾
次世代地震警報と構造制御技術の融合による人的・物的被害最小化技術を開発する。
レジリエント社会基盤
<寺田賢二郎>
寺田森口永野
村尾有働大野マス杉安ローバー
数値シミュレーションと多次元見える化技術に基づき、多重防御機能を備えた社会基盤設計を研究する。
【健康】
広域・複合災害・マルチハザード対応型
災害医学・医療の確立

<富田博秋/災害医学研究部門

<富田博秋>
伊藤江川栗山・児玉・千田・富田・三木稲葉佐々木・
今村・小野越村佐藤(健)杉浦・寺田・丸谷村尾邑本・佐藤(翔)・ボレー
エビデンスに基づく有効な災害医療保健対応の体制整備のための知見集積、技術開発、学理構築を行う。
総合的減災システムのデザインと社会実装

<丸谷浩明/人間・社会対応研究部門

減災・復興デザイン
<村尾修>
岩田村尾井内平野マリ小林
寺田地引杉安
国内外の地域と都市を対象とし、事前の被害抑止策から復旧・復興活動に至る総合的な減災システムの提案を行う。
減災社会実装
<丸谷浩明>
丸谷寅屋敷
五十子岩田佐藤(健)佐々木・ダス・マリ
国内外の社会に対する総合的な減災及び復興システムについて研究し、実装を図る。