平成28年(2016年)福島県沖地震・津波

災害科学国際研究所トップページ > 平成28年(2016年)福島県沖地震・津波

平成28年(2016年)福島県沖を震源とする地震・津波

最終更新 2017/5/22 10:45 (公開開始 2016/11/22 13:45)

2016年11月22日05:59頃,福島県沖を震源とする最大震度5弱(M7.4)の地震,およびそれに伴う津波が発生しました.現在,東北大学災害科学国際研究所では,この地震・津波災害に関する解析・調査を進めています.本ページは随時,情報を掲載してまいります.

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による解析・調査・報告
    <報告会のページ(資料掲載)へはこちらから>                        

 
 東京海上日動リスクコンサルティング リスクマネジメント最前線
(地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門が寄稿)

   「平成28 年(2016 年)福島県沖を震源とする地震および津波について」
 

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による研究成果(論文等)

  • 査読付き論文
    • Suppasri, A., Leelawat, N., Latcharote, P., Roeber, V., Yamashita, K., Hayashi, A., Ohira, H., Fukui, K., Hisamatsu, A., Nguyen, D., Imamura, F. :The 2016 Fukushima earthquake and tsunami: Local tsunami behavior and recommendations for tsunami disaster risk reduction,International Journal of Disaster Risk Reduction,No. 21,pp. 323-330,2017.
    • Anawat SUPPASRI, 山下 啓・Panon LATCHAROTE・Volker ROEBER林 晃大・大平 浩之・福井 謙太朗・久松 明史・今村 文彦:2016年福島県沖地震津波の数値解析と現地調査,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 73,No. 2,pp. I_1597-I_1602,2017.
    • 戸川直希,佐藤翔輔今村文彦:津波避難訓練が実際の津波避難行動に及ぼす効果―宮城県石巻市2016年11月22日福島県沖地震津波,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 73,No. 2,pp. I_1531-I_1536,2017.
    • 佐藤翔輔今村文彦,岩崎雅宏,相澤和宏,横山健太,佐藤勝治,皆川満洋,戸川直希:宮城県石巻市における2016年11月22日福島県沖の地震津波による避難行動実態,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 73,No. 2,pp. I_1603-I_1608,2017.
    • 佐藤翔輔今村文彦,相澤和宏,横山健太,佐藤勝治,岩崎雅宏,皆川満洋,戸川直希:宮城県石巻市における2016年11月22日福島県沖の地震津波による避難行動実態,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 73,No. 2,pp. I_1603-I_1608,2017.
    • 戸川直希,佐藤翔輔今村文彦,岩崎雅宏,皆川満洋,佐藤勝治,相澤和宏,横山健太:津波避難訓練が実際の津波避難行動に及ぼす効果ー宮城県石巻市2016年11月22日福島県沖地震津波時の事例ー,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 73,No. 2,pp. I_1531-I_1536,2017.
    • Bruno Adriano, Yushiro Fujii, Shunichi Koshimura:Tsunami source and inundation features around Sendai Coast, Japan due to the November 22, 2016 Mw 6.9 Fukushima earthquake,Geoscience Letters,Vol. 5,No. 2,2018.
    • 倉本 和俊, Anawat SUPPASRI, 今村 文彦:2016年福島県沖地震津波の課題整理とデータベースを利用した津波評価,土木学会論文集B2(海岸工学) ,Vol. 74,No. 2,pp. I_535-I_540,2018.
    • Naoki Togawa, Shosuke Sato, Fumihiko Imamura:Comparative Analysis of Mobile Space Statistics Data and Questionnaire Survey Data to Detect Tsunami Evacuation Behavior:Case of Fukushima Earthquake Tsunami in Ishinomaki City and Watari Town, Miyagi prefecture,Journal of Disaster Research,Vol. 13,No. 2,pp. 358-366,2018.
  • 査読付き国際会議
    • Shosuke Sato, Fumihiko Imamura, Naoki Togawa, Masahiro Iwasaki, Mitsuhiro Minakawa:Evacuation Behavior caused by the 2016 Fukushima Earthquake and Tsunami: Comparative Analysis in Ishinomaki City and Watari Town, Miyagi Prefecture,The 27th International Tsunami Symposium,2017.
    • Takashi Furuya, Shunichi KoshimuraRyota Hino, Yusaku Ohta, Real-time determination of tsunami scenarios and application to the 22nd November 2016 Fukushima Earthquake,International Tsunami Symposium,2017.
  • その他一般論文等
    • 佐藤翔輔,相澤和宏,横山健太,佐藤勝治,遠藤匡範, 高橋大輔,岩崎雅宏,皆川満洋, 戸川直希,今村文彦:2016年11月22日福島県沖地震に伴う津波避難の実態:石巻市と亘理町の住民を対象にした調査から,第36回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 13-14,2017.
    • 戸川直希,佐藤翔輔今村文彦,遠藤匡範,岩崎雅宏,皆川満洋:2016年11月22日福島県沖地震津波発生時の宮城県亘理町における避難行動の実態-東日本大震災の経験や津波避難訓練との関係-,地域安全学会梗概集,No. 41,pp. 177-180,2017.
    • 三浦峻,菅原定志,上長根伸哉,小野寺洋友,佐藤翔輔:中学生が行う津波避難行動に関する実態調査:2016年11月22日福島県沖地震における気仙沼市階上地区の事例,第37回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,pp. 175-176,2018.
    • 安倍祥杉安和也:2016年福島県沖地震津波を契機としたいわき市における津波災害時自動車避難の方策研究,東北地域災害科学研究,No. 54,2018.
  • 学会発表
    • Suppasri, A., Yamashita, K., Roeber, V., Hayashi, A., Ohira, H., Fukui, K., Hisamatsu, A. , Imamura, F. :Numerical simulation and field survey of the 2016 Fukushima earthquake and tsunami,Annual Meeting of the Tohoku Branch Technology Research Conference, Japan Society of Civil Engineers,  Tohoku Institute of Technology,2017.
    • Latcharote, P., Suppasri, A., Roeber, V. , Imamura, F.:Preliminary source model of the 2016 Fukushima earthquake tsunami in Sendai Bay,Annual Meeting of the Tohoku Branch Technology Research Conference, Japan Society of Civil Engineers,  Tohoku Institute of Technology,2017.
    • Bruno Adriano, Takashi Furuya, Erick Mas, Shunichi Koshimura:Tsunami source of the Mw7 2016 Fukushima Earthquake inferred from tide gauge and GPS buoy records,The Japan Geoscience Union and the American Geoscience Union Joint Meeting,2017.

平成28年(2016年)11月22日 福島県沖を震源とする地震・津波に関する "Q & A"

以下、現時点での、本地震・津波に関する研究者個人の見解です。
 
 

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)に関連する報道

 

その他機関からの情報