2018年インドネシア・スラウェシ島地震

災害科学国際研究所トップページ > 2018年インドネシア・スラウェシ島地震

2018年インドネシア・パル(スラウェシ島)地震津波

最終更新 2018/10/18 11:00 (公開開始 2018/09/29 13:30)

 2018年9月28日 6:02(日本時間同 7:02),インドネシア・スラウェシ島で,マグニチュード(M)7.5の地震が発生しました.近傍の都市はPalu(人口33万人)です.インドネシア気象当局は,地震発生後に津波警報を発表し,地震発生から約30分後に,島の中部の都市パルで最大で高さ3メートルの津波を観測しました.現在、東北大学災害科学国際研究所では、この地震災害に関する解析・調査を進めています。本ページは随時、情報を掲載してまいります。

 

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による解析・調査・報告                               

  日時:2018年10月11日(木) 13:30~
  会場:東北大学災害科学国際研究所 多目的ホール
 

現地調査報告                               

 

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)に関連する報道                              

  • 2018.10.12 朝日新聞 複数の海底地滑り 局地的津波誘発か(今村文彦)
  • 2018.10.12 河北新報 インドネシア津波、海底地滑り原因か 東邦大が報告会(今村文彦)
  • 2018.10.11 東北放送 東北大の調査報告会「海底の地滑りで津波発生した可能性」(今村文彦)
  • 2018.10.11 仙台放送 「海底地滑り」原因か...日本にも同様地形 インドネシア地震津波(今村文彦)
  • 2018.10.11 共同通信社(他多数) インドネシア海底地滑りで津波か 東北大が現地調査報告会で(災害科学国際研究所、今村文彦)
  • 2018.10.10 読売新聞 海底地滑り 津波の要因か(今村文彦)
  • 2018.10.09 毎日新聞 津波、海底の地滑りが原因か(今村文彦)
  • 2018.10.07 朝日新聞 インドネシア津波、局所的に相次ぎ発生か 専門家指摘(今村文彦)
  • 2018.10.07 NHK ニュース:インドネシア 津波 局地的に10m超か 日本の専門家が調査(今村文彦)
  • 2018.10.06 じゃかるた新聞 津波高さ10メートルも 今村、有川両教授パルで現地調査 地滑りが引き金か(今村文彦)
  • 2018.10.05 NHK ニュース:インドネシア地震から一週間 被災者は依然厳しい生活(今村文彦)
  • 2018.10.04 タイ公共放送(Thai PBS) インドネシア・スラウェシ島の津波、地すべりの可能性・タイへの教訓について東北大の津波専門家が解説(サッパシー アナワット)
  • 2018.10.03 TBS NEW23:インドネシア・スラウェシ島大地震 発生した「謎の津波」とは?(今村文彦)
  • 2018.09.30 タイ公共放送(Thai PBS) インドネシア・スラウェシ島の津波について東北大の津波専門家が解説(サッパシー アナワット)

その他機関からの情報

 
<災害特集のページへ戻る>
 
 
  日時:2018年10月5日(金) 13:30~
  会場:東北大学災害科学国際研究所 多目的ホール
  1)被害の全体像及び震災から1ヶ月の現状について
   柴山明寛 准教授 (情報管理・社会連携部門 災害アーカイブ研究分野)
  2)北海道厚真町に見られる火山性噴出物での土砂災害状況
   久利美和 講師 (リーディング大学院)
  3)建築物の被害について
   五十子幸樹 教授 (災害リスク研究部門 最適減災技術研究分野)
  4)厚真町支援の現場から
   定池祐季 助教 (情報管理・社会連携部門 災害復興実践学分野)
  5)質疑応答