プレスリリース

災害科学国際研究所トップページ > プレスリリース

プレスリリース2018.10.30より安全な津波避難に向けたICT活用の実証実験を実施
プレスリリース2018.10.01i-STrap法:微量の血液から被ばく線量の推定が可能に~被ばく線量が多いと血中の抗酸化能が低下する~
プレスリリース2018.08.072011年東北地方太平洋沖地震の余効変動が原動力となり、6年弱の間に同じ活断層が繰り返し動いたことを発見
プレスリリース2018.05.31白亜紀末の巨大衝突クレーターによる生物大量絶滅後、わずか数年で生命が復活した証拠を発見
プレスリリース2018.05.10東北大・国際航業・エイツー・NEC リアルタイムに津波浸水被害を推定する技術を核とした 共同出資会社「RTi-cast」を設立
プレスリリース2018.04.09東日本大震災被災地域における学際研究により津波避難訓練の有効性を実証 科学的根拠に基づく防災への取組みに向けて
プレスリリース2018.01.16公開型研究発表会「第51回IRIDeS金曜フォーラム」(1/26開催)
プレスリリース2017.11.24川崎市においてICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクトを開始
プレスリリース2017.07.202011年東北地方太平洋沖地震後の海底地殻変動場を解明
プレスリリース2017.07.18平成28年度共同研究成果報告会兼プロジェクトエリア・ユニット報告会開催
プレスリリース2017.05.19公開型研究発表会「第45回IRIDeS金曜フォーラム」の開催 テーマ:熊本地震1年後報告
プレスリリース2017.05.162016年11月22日福島県沖地震津波避難行動に関するアンケート共同調査の実施と経緯のあらまし(災害科学国際研究所)
プレスリリース2017.04.27放射線医療従事者の水晶体被曝の実態と危険性を解明 ‐IVR従事者の眼の水晶体放射線防護の重要性‐
プレスリリース2017.03.24デングウイルス感染症の重症度マーカーを低下させる物質の発見-デング出血熱における新たな治療法の可能性-
プレスリリース2017.03.09国連開発計画(UNDP)、東北大学災害科学国際研究所、富士通が巨大自然災害の被害低減を目指した共同プロジェクトを開始
プレスリリース2017.03.09東北大学災害科学国際研究所と株式会社NTTドコモが防災・減災に関する連携協定を締結
プレスリリース2017.03.092016年11月22日福島県沖地震津波避難行動に関するアンケートを実施し、石巻市民の避難実態を明らかにしました
プレスリリース2017.03.01シンポジウム「歴史をつなぐ、人をつなぐ―旧気仙郡における被災史料保全活動―」
プレスリリース2017.02.10津波の来襲状況や被害に関する動画検索システム「動画でふりかえる3.11 ―東日本大震災公開動画ファインダー―」を公開しました
プレスリリース2016.11.18海底地殻変動データを用いて東北地方太平洋沖地震に引き続くゆっくりすべりを高分解能で検出―巨大地震の発生過程の理解に重要な知見―