共同研究プロジェクト2017 第二期募集

災害科学国際研究所トップページ > 共同研究プロジェクト2017 第二期募集

平成29年度 第二期共同研究助成 公募について

 災害科学国際研究所は、全国関連領域の研究者に本研究所のリソースを活用した共同研究を行って頂くことを促進するために、下記要領で共同研究の助成を行います。
本研究所の教員・兼務教員と共同で本研究所において実施する研究を対象に、研究機関相互の移動などの旅費及び最低限の必要経費(既存機器の使用料、消耗品の購入費など)を助成するものです。
 
◆申請資格
科学研究費申請有資格者(東北大学の教職員を除きます)
 
◆応募期限
電子版提出 :平成29年8月4日(金)
原本(押印版)提出:平成29年8月18日(金)必着
 
◆公募事項
(1)研究課題
①【災害アーカイブ学】 震災・歴史資料の収集・整理・保存・共有方法の確立、災害統計データの収集・整理・共有方法の確立、災害アーカイブの社会実装など。
②【津波減災学】 巨大津波の発生メカニズム、高精度な伝播遡上解析、歴史学、地質学的津波履歴研究、津波災害の総合被害評価・予測など。
③【災害医学・医療】 被災住民の心と身体の健康の継続調査、災害関連健康問題の評価技術開発、災害医療・保健体制の実態調査と課題抽出など。
④【防災人材育成学】 災害を生きる力に関する認知神経科学研究、防災人材育成プログラムの開発と実践、復興まちづくりから地域再創生までのデザインの人材育成など。
⑤【災害科学の発展に寄与するその他の研究】 上記4つの重点領域には属さないが、災害科学の発展に重要な寄与をもたらすことが期待される研究テーマ。
 
(2)研究組織
本研究所の担当教員(兼務を含む)を1名以上選任すること。
 
(3)申請額
研究課題①~④:60万円を上限とする適正な金額
研究課題⑤ : 35万円を上限とする適正な金額
※採択に当たり、申請額が上限額に近いことは評価の視点にいたしませんので、
  共同研究に必要な最低限の旅費(研究機関相互の移動旅費など)及び
最低限の必要経費(既存機器の使用料、消耗品の購入費など)を計上してください。
 
◆共同研究に用いることが可能な本研究所のリソースはこちら(①設備システム・データベース・学術資料 ②設備一覧
(このリストにないリソースを活用する提案でも構いません)
個別のリソースの使用計画については担当教員にご相談ください。
 
◆募集要項はこちら