組織・メンバー

人間・社会対応研究部門
防災社会システム研究分野
助教
博士(人文科学)
FULCO Flavia
ふるこ ふらびあ

研究テーマ
グループとコミュニティの文化的記憶を研究テーマとして、東日本大震災後、語り部と災害伝承を中心に、災害の記憶がどのように防災教育に利用されているかに注目して研究しています。 今後は、災害ミュージアムの研究も続けながら、より良い防災社会に向けて研究を続けていきたいと思っています。
研究キーワード
災害伝承、災害記録、 集団記憶、災害メモリアルとミュージアム、語り部、防災観光、防災教育 、防災社会
関連サイト
主な業績
  • 2019 “Voices from Tohoku”: from digital archive of oral narratives to scientific application in Disaster Risk Reduction. With D.H. Slater and R. O’Day. デジタルアーカイブベーシックス第 2 巻「災害記録未来に生かす」 今村文彦 監修/鈴木親彦 責任編集 勉誠出版 [Digital Archive Basics 2 – ed. Imamura F., and Suzuki C. ; Tokyo:Bensei Ed.] 2019/9 pp.89-115
  • 2019 Fulco, F., Slater, D. H., & O’Day, R. (2019). リアルタイムでのデジタル・ヒューマニティーズと災害の記録:東日本大震災と津波のオーラルナラティブ・アーカイブ. 社会と調査, 23, 15-23. (“Digital Humanities And The Documentation Of Disaster In Real Time: Oral Narrative Archive Of The Great East Japan Earthquake And Tsunami” in “Advances in Social Research” 23, 15-23 (in Japanese).
  • 2018 Cyber-physical disaster drill: preliminary results and social challenges of the first attempts to unify Human, ICT and AI in disaster response” IEEE Big Data Conference 2018 Proceedings. With Dr. Munenari Inoguchi and Tomoya Mikami