組織・メンバー

災害リスク研究部門
環境変動リスク研究分野
助教
博士(工学)
HASHIMOTO Masakazu
はしもと まさかず

兼任先 工学研究科
研究テーマ
リアルタイム洪水氾濫シミュレーション、洪水脆弱性評価、洪水氾濫を起因とした有害物質の拡散と健康被害などの研究課題について、数値解析、現地観測を駆使して取り組んでいます。
研究キーワード
防災水工学 / 洪水氾濫解析
関連サイト
主な業績
  • Hashimoto, M., Yoneyama, N., Kawaike, K., Deguchi, T., Md. Hossain, A. and Nakagawa, H.: Flood and substance transport analysis using satellite elevation data: A case study in Dhaka City, Bangladesh, Journal of Disaster Research, Vol.13, No.5, pp.967-977, 2018.
  • 橋本雅和,川池健司,中川一: 非構造格子を用いた洪水氾濫シミュレーションにおけるネスティング計算法の適用,水工学論文集,土木学会水工学委員会,Vol. 60, pp.I_319-I_324, 2016.
  • Hashimoto, M., Suetsugi, T., Ichikawa, Y., Sunada, K., Nishida, K., Kondo, N. and Ishidaira, H.: Assessing the relationship between inundation and diarrhoeal cases by flood simulations in low-income communities of Dhaka City, Bangladesh, Hydrological Research Letters, Vol.8, No.3, pp.96-102, 2014.
主な所属学会
  • 土木学会
  • 日本自然災害学会
  • 水文・水資源学会
  • International Association for Hydro-Environment Engineering and Research
主な受賞
  • 建設工学研究振興会 建設工学研究奨励賞
  • 日本自然災害学会 学術発表優秀賞
  • バングラデシュ・リベラルアーツ大学持続的開発センター 論文発表賞