組織・メンバー

寄附研究部門
地震津波リスク評価(東京海上日動)寄附研究部門
研究テーマ
地震津波リスク評価に関する要素技術の研究開発に携わっています。特に、津波災害が発生した場合の建物や設備・資産の脆弱性(フラジリティ)等について研究しています。
研究キーワード
地震津波リスク / フラジリティ評価 / 確率論的リスク定量化
関連サイト
研究概要

確率論的地震リスク定量化に関する研究は、従来から震動起因のリスクが焦点となっていますが、東日本大震災以降、津波起因のリスクも大きな焦点となっています。津波リスク定量化手法は、確率論的津波ハザード評価や建物のフラジリティ評価などを中心に進展していますが、産業施設の地震リスク定量化においては、建物以外の資産(機械設備、構築物、動産等)のフラジリティ評価や、物的損害のみでなく事業途絶期間の評価も重要です。東日本大震災時の産業施設の実被害データにより、産業施設の津波リスク定量化手法の高度化を進め、産業施設の地震津波対策の自助努力を促進する技術の確立を目指しています。

主な所属学会
  • 日本建築学会
  • 土木学会
  • 日本自然災害学会