組織・メンバー

地域・都市再生研究部門
国際防災戦略研究分野
研究テーマ
都市計画の視点に基づく都市・地域の災害復興プロセスの研究、避難訓練を通した地域防災計画策定支援、UAVによる避難行動支援、電気自動車を活用した災害時支援の在り方等についても取り組んでいます。学位プログラムの専任教員として、国際共同大学院・卓越大学院・リーディング大学院での教育に従事している。
研究キーワード
都市・地域防災 / 津波避難 / 電気自動車 / 災害復興 / ドローン
関連サイト
研究概要

東日本大震災以降、防潮堤・防災緑地の形成や高台移転事業により、ハード防災の観点からは、津波という外力に対して強いまちづくりが進行しています。一方で、ソフト防災の観点からは、土地勘のない観光客や外国人対応、逃げ遅れの確認の際に消防団や自主防災会役職者の追う二次被災リスクをどう低減できるかといった課題が残っています。このような災害対応時のリスク低減方法のひとつとして、電気通信研究所をはじめとする全国の研究者と連携し、UAV(ドローン)を活用した津波避難誘導システムの開発に取り組んでいます。
 

また、2016年に発生した福島県沖の地震対応時に見られた避難行動を検証し、福島県いわき市を主な対象地として、住民自治組織・行政組織との連携の元、自動車避難方策の検討、震災教訓にもとづくご当地版防災教材(津波を想定した避難所運営ゲーム)の開発、避難所の運営支援方法のひとつとしての電気自動車の活用にも取り組んでいます。

海外での災害復興事例調査にも取り組んでおり、災害復興後の津波避難ビルの維持管理、国家・地方政府の方針、災害種別、支援団体によって異なる仮設住宅・恒久住宅の品質等に着目した研究にも取り組んでいます。これまでの調査対象地は以下のとおりです。2004年インド洋津波被災地(タイプーケット、インドネシアアチェ、スリランカ)、2013年フィリピン台風ハイエン(レイテ島、サマール島、セブ島)、2018年アグン山噴火(インドネシアバリ)

主な業績
  • Sugiyasu, K., Takahashi, H., Yokota, N., Sugiyama, K., and Onodera, K.(2019), Method of Decreasing Dead Angle Zone under the Tsunami Evacuation Patrol used by UAVs, 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE) -(USB), 2p, Osaka, Japan, Oct.2019
  • Sugiyasu, K., Sasaki, S., Araya, N., Takahashi, H., Yokota, N., Katayama, K., and Matsumoto, M.(2018), Assessment Method of Tsunami Evacuating Behavior Used by GPS and GIS, 2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE) -(USB), pp 191-192, Nara,Japan, Oct.2018
  • 杉安和也(2018),2011年東日本大震災・2016年福島県沖地震の経験に基づく津波災害を想定したご当地版避難所運営ゲームの開発,第15回日本地震工学シンポジウム,OS1-01-02,10p,2018.12
  • 杉安和也,松本行真,柴山明寛,安倍祥,平田萌々子,昆周作,伊藤大樹,松岡祐也,佐々木隼相,磯崎匡(2016),災害復興過程における防災教育・津波避難訓練でのモバイル・ICT機器の活用,シンポジウムモバイル研究論文集,45-50, 2016
  • 杉安和也, 村尾修(2013),アチェ州における2004年インド洋津波以降の津波避難ビル活用状況の比較,日本建築学会技術報告集 19(41), 299-302, 2013,日本建築学会
主な所属学会
  • 地域安全学会
  • 日本建築学会
  • 地震工学会
  • 日本都市計画学会
主な受賞
  • 日本建築学会 若手優秀発表賞(都市計画部門)
  • ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016・優秀賞<一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会>
  • リスク工学専攻長賞(教育部門) 筑波大学