概要

非常勤職員募集情報(学術研究員・社会連携オフィス 1名)

2020.01.31 17:13
非常勤職員募集
      
情報管理・社会連携部門 社会連携オフィス
募集人員:学術研究員(1名)
応募期限:2020年(令和2年)2月21日(金)必着
     適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。
所  属:情報管理・社会連携部門 社会連携オフィス
雇用期間:令和2年4月1日~令和3年10月31日
業務内容
 (1) JSTプロジェクト「包括的な災害リスクのプロアクティブアラートに基づくインクルーシブ防災の実現」研究データの整理、成果取りまとめの補佐
 (2)報告書等の作成業務
 (3)その他本プロジェクトに附帯関連する業務
※本プロジェクトでは、これまで困難であった災害毎の防災技術シーズ(地震・津波・洪水・土砂災害のリスク評価、過去被害データおよび歴史記録・伝承)の統合を行い、地域の災害リスクを包括的に評価した上で、個人・世帯単位で予防的な被害予測・避難行動を促すアラートの仕組みを開発します。また、防災科学リビングラボとして自治体・民間などとのネットワークを活用した共助の仕組みにより要支援者へのアプローチを強化し、インクルーシブな防災の実現を目指します。
給  与
・国立大学法人東北大学給与規程に基づき支給(勤務経験年数等に応じて決定)
・諸手当:通勤手当(上限あり:毎月55,000円まで)
 ※マイカー通勤    可(有料:月額1,000円)
・保険:社会保険、雇用保険、労働者災害保険
応募資格(学歴・必要な経験等)
 (1)修士もしくは博士の学位を有すること(2020年3月取得見込みを含む)
 (2)文理融合の学際研究に前向きであること
 (3)日本語による高い事務処理能力(特に文書作成能力)を有すること
勤務場所:東北大学 災害科学国際研究所 社会連携オフィス
勤務時間
 ・週5日(月~金)勤務    土・日・祝日は休み
 ・勤務時間:8時30分~17時15分の間の6時間程度
 (休憩12時~13時を除く)で週30時間
 ・有給休暇等:採用日から6ケ月経過後、勤務日数に応じ付与。 その他特別休暇
 ※業務上の必要がある場合には、所定勤務時間外に勤務を命ずることがあります。
応募書類
 (1)履歴書(写真貼付) 様式
 ※別紙様式(excelファイル)を使用すること
 (2)研究業績リスト
(学術雑誌論文、学術図書掲載論文、著書、書評・解説記事、招待講演・学会発表、受賞などに分類すること。業績については査読の有無について記載すること)
 (3)主要論文別刷り3編以内(コピー可)
 (4)現在の研究テーマの概要(1000字程度)
 (5)着任後の研究・教育に対する抱負(1000字程度)
 ※原則として応募書類は返却いたしません。選考手続終了後、適切に破棄いたします。
選考方法:書類選考、面接
選考日 :書類選考・面接日時等は、書類到着後、1週間くらいで連絡致します。
書類提出先:〒980-0845 
 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1-S302
 東北大学災害科学国際研究所 社会連携オフィス
 教授 小野裕一 宛
(書類を入れた封筒の表に「研究員公募関係書類(JSTプロジェクト)」と朱書し、「書留」等、配送の記録が残るもので郵送して下さい。)
問い合わせ先
 東北大学災害科学国際研究所 社会連携オフィス
 事務補佐員 八木美夏
 TEL: 022-752-2098 E-mail: myagi(at)irides.tohoku.ac.jp
(可能な限りE-mailでお問い合わせください。(at)を@に変えて送信してください。)
 
募集情報:JREC-IN 求人公募情報検索サイトに掲載
 

 
 
  • ・東北大学は共同参画を推進しており、多様な人材の積極的な応募を歓迎しています。
    ・東北大学には全学教職員が利用できる川内けやき保育園(定員30名)、青葉山みどり保育園(定員100名)および、星陵地区の方が利用できる星の子保育園(定員120名)があり、全国の国立大学の事業所内保育施設として最大規模の保育環境が整っています。また、大学病院内に軽症病児・病後児保育室もあり、全学教職員が利用できます。
    ・その他、本学の両立支援、研究支援等の詳細及び共同参画の取組については、下記をご覧ください。
    男女共同参画推進センターWEBページ