研究所概要

災害科学国際研究所トップページ > 研究所概要

設立理念

東日本大震災という未曾有の災害を経験した東北大学は、新たな研究組織「災害科学国際研究所」を設立し、東北大学の英知を結集して被災地の復興・再生に貢献するとともに、国内外の大学・研究機関と協力しながら、自然災害科学に関する世界最先端の研究を推進する。

東日本大震災の経験と教訓を踏まえた上で、わが国の自然災害対策・災害対応策や国民・社会の自然災害への処し方そのものを刷新し、巨大災害への新たな備えへのパラダイムを作り上げる。このことを通じて、国内外の巨大災害の被害軽減に向けて社会の具体的な問題解決を指向する実践的防災学の礎を築くことを目標とする。

ミッション −「実践的防災学」の創成−

災害科学国際研究所が推進する自然災害科学研究とは、事前対策、災害の発生、被害の波及、緊急対応、復旧・復興、将来への備えを一連の災害サイクルととらえ、それぞれのプロセスにおける事象を解明し、その教訓を一般化・統合化することである。

東日本大震災における調査研究、復興事業への取り組みから得られる知見や、世界をフィールドとした自然災害科学研究の成果を社会に組み込み、複雑化する災害サイクルに対して人間・社会が賢く対応し、苦難を乗り越え、教訓を活かしていく社会システムを構築するための学問を「実践的防災学」として体系化し、その学術的価値を創成することを災害科学国際研究所のミッションとする。

ビジョン(中長期的な活動目標)

東日本大震災の被災自治体等との連携を強化し、被災地の復興への具体的貢献を果たしながら、複雑化・多様化する自然災害のリスクに対応できる社会の創成を目指し、新たな防災・減災技術の開発とその社会実装に取り組む。災害という脅威を防ぎ止めるだけでなく、人間・社会が賢く備えて対応する、さらに災害による被害や社会の不安定から回復しながら教訓を語り継ぐ災害文化を醸成し、社会システムにそれを織り込んでいく。

  1. 地球規模の自然災害発生とその波及機構の解明
  2. 東日本大震災の被害実態と教訓に基づく防災・減災技術の再構築
  3. 被災地支援学の創成と歴史的視点での災害サイクル・復興の再評価
  4. 地域・都市における耐災害性能の向上とその重層化
  5. 広域巨大災害対応型医学・医療の確立
  6. 新たな防災・減災社会のデザインと災害教訓の語り継ぎ
所在地(事務室) 〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 災害科学国際研究所事務局
Tel 022-752-2011
Fax 022-752-2013
E-Mail contact※irides.tohoku.ac.jp
メール送信の際には、※を@に置き換えてください。

所章(ロゴマーク)について

東北大学 災害科学国際研究所 IRIDes - International Research Institute for Disaster Science