組織・メンバー

地域・都市再生研究部門
国際防災戦略研究分野
特任教授(客員)
学士(建築学)
BAN Shigeru
ばん しげる

研究テーマ
国内外の被災地における、避難所改善、仮設住宅・復興住宅の設計、またそれらの活動を学生やボランティアとともに行う。
研究キーワード
建築設計/デザイン/災害支援/復興計画
関連サイト
研究概要

震災後に十分な平地がないために、従来の平屋型仮設住宅では十分な戸数が供給できないケースに、海外輸送用コンテナを積み上げ、2階・3階の多層仮設住宅とする応急仮設コンテナハウスを建設した実績をもとに横断的な共同プロジェクトとして展開します。
 

大規模な災害が発生すると、被災者の多くが避難所での生活を強いられ、プライバシーの確保や感染症流行時の飛沫感染防止が重要な課題となります。避難所用間仕切りシステムは、紙管と布で誰でも簡単に組み立てられ、カーテン布の開閉によりプライバシーを確保することができます。間仕切りシステムの普及により、被災者支援および復興に寄与します。

主な業績

・ポンピドー・センター・メス(2010 フランス、メス)
・紙の大聖堂(2013 ニュージーランド、クライストチャーチ)
・女川駅舎・女川温泉ゆぽっぽ(2015 宮城県女川町)
・大分県立美術館(2014 大分県大分市)
・スウォッチ・オメガ(2019 スイス、ビール/ビエンヌ)

主な所属学会
  • 一級建築士
  • ニューヨーク州登録建築家
  • 日本建築学会
  • 日本建築家協会
  • アメリカ建築家協会
主な受賞
  • フランス芸術文化勲章コマンドゥール(2014)
  • プリツカー建築賞(2014年)
  • 紫綬褒章(2017)
その他

本務先:株式会社坂茂建築設計