組織・メンバー

災害統計グローバルセンター

災害統計グローバルセンター

関連サイト
概要
第3回国連防災世界会議で採択された世界の防災指針「仙台防災枠組2015-2030」では、「2030年までに、世界の災害死者数を大幅に減少する」「災害による直接的経済損失を減少する」等、7つの「グローバルターゲット」が設定されました。この国連会議を受け、2015年4月、IRIDeS内に「災害統計グローバルセンター」(GCDS)が設立されました。このセンターは、東北大学・国連開発計画(UNDP)・富士通株式会社(富士通)の3者が牽引するもので、上記のグローバルターゲットの進捗状況をモニタリングしたり、ターゲットを達成する上で、鍵となる存在です。
 
災害統計グローバルセンターは、「各国政府から災害統計(災害によって引き起こされた人的・経済的被害統計)を収集・保存し、連携機関とも共同して分析を加え、その結果を各国政府に還元し、各国の防災政策立案に役立てること」を目指しています。これまで世界に存在した災害統計は、各国政府の公式なものでなかったり、質・量ともに不十分、あるいはシステムが不安定であるために、各国の防災政策立案のためには効果的に使用できませんでした。災害統計グローバルセンターは、各国政府が管理するデータを網羅的・体系的に集めることを目的としている点で画期的です。長期的に、仙台防災枠組に則り、同枠組みが有効な2030 年までに、世界の災害犠牲者および経済的損失を減らすことに貢献します。

災害統計グローバルセンターの仕組み

所内体制

センター長 小野 裕一 教授
副センター長 奥村 誠 教授
担当教員 佐々木 大輔 助教

設立以降の進捗状況

  • 7か国(インドネシア、カンボジア、スリランカ、ネパール、フィリピン、ミャンマー、モルディブ)が災害統計を整備するパイロット国となることに合意、協力開始。防災主管官庁関係者が集う災害統計シンポジウムを定期開催。
  • UNDPと連携して、未整備の国の支援。
  • JICAと連携した世界各国における災害被害統計整備に向けての啓発・能力開発活動を継続支援。
  • 災害統計グローバルセンターで使用される「グローバルデータベース」(GDB)の整備を進める。
  • 既存の災害統計を災害統計グローバルセンターで収集し、活用できる形へと転換
  • 仙台防災枠組に基づいたグローバルデータベースのプロトタイプを作成。
  • 世界防災フォーラムで進捗をその都度報告。

 
■ 組織・メンバー